ドムトローペン【局地戦仕様】HGUC

  • 12592
  • 10

ドムトローペンの拠点防衛用機体をイメージして制作しました。オリジナル設定です。0083辺りのジオン残党勢力での運用をイメージ。
 もちろんドムバラッジ意識しました。カラーリングは砂漠仕様をイメージして悩んでいたらいつの間にかドワッジ風に。。
キットはトローペンサンドブラウンを使用。HGジャイアントガトリングと社外オプションパーツをミキシングで形にしました。
 

地上専用機。迎撃、火力支援運用なイメージ。
地上専用機。迎撃、火力支援運用なイメージ。
あんまりポーズは取れません。 が、ドムはドッシリと構えているのが一番様になると思ってます。
あんまりポーズは取れません。
 が、ドムはドッシリと構えているのが一番様になると思ってます。
給弾ベルトは自作も考えましたが、今回は断念。ドラムを装備する為に純正のランドセルは外し、ドリルで穴開け加工しています。接着したので外せません。
給弾ベルトは自作も考えましたが、今回は断念。
ドラムを装備する為に純正のランドセルは外し、ドリルで穴開け加工しています。接着したので外せません。
近接戦闘用の武装は無し。ヒートアックスでも付けた方が良かったですかね。
近接戦闘用の武装は無し。ヒートアックスでも付けた方が良かったですかね。
ジャイアントガトリングの左取手は加工しました。肩付け根に汎用モールド追加してます。
ジャイアントガトリングの左取手は加工しました。肩付け根に汎用モールド追加してます。
足のホバー吸気口は開口しました。モノアイはメタルビーズを埋め込み。
足のホバー吸気口は開口しました。
モノアイはメタルビーズを埋め込み。
背面のパックが無くなったので、推力を補う為にスカート内部バーニアをジャンクから、とにかくデカいものを増設。
背面のパックが無くなったので、推力を補う為にスカート内部バーニアをジャンクから、とにかくデカいものを増設。
センサーレンズにはレジン入れてみました。
センサーレンズにはレジン入れてみました。
ジャイアントガトリング。給弾ベルトとドラムは社外品を使用。加工無しでいけます。ガンメタを2種類調色してみました。
ジャイアントガトリング。給弾ベルトとドラムは社外品を使用。加工無しでいけます。
ガンメタを2種類調色してみました。
プロポーション改造は無しです。ドム系は基本スタイル良好です。
プロポーション改造は無しです。ドム系は基本スタイル良好です。
とりあえずバランスを見る為仮組み
とりあえずバランスを見る為仮組み
比較的古いキットですが関節構造が単純で、合わせ目消ししやすかったです。ほぼ後ハメ加工要らず。 最後まで閲覧ありがとうございました。評価、コメント頂けると嬉しいです!
比較的古いキットですが関節構造が単純で、合わせ目消ししやすかったです。ほぼ後ハメ加工要らず。




 最後まで閲覧ありがとうございました。
評価、コメント頂けると嬉しいです!

コメント

  1. 失礼ですがバーニアはジオングのものですか?

    • Abuu 9か月前

      おそらくそうですね。
      バラのジャンクから取ったのでハッキリ覚えていませんが。。

  2. 格闘は、連撃不可の『ガトリングで殴る』だと思います!

    • Abuu 4年前

      コメントありがとうございます!
      確かに、連撃不可の殴りがいいですね。

  3. 74120’5 4年前

    砲身が金属パーツ見たいで盛り上がりますね!

  4. デカイ機体にデカイバーニアw頭の悪そうな(褒め言葉)構成はいいですなぁ

    • Abuu 4年前

      ありがとうございます!
       急遽、有り合わせのパーツからチョイスしました。こんなのもガンプラの楽しみですよね。

  5. でかいガトリングガンがかっこいいです!
    まさにドム系の持つべき重火器って感じがします

    • Abuu 4年前

      コメントありがとうございます!重MSドムには重火器が似合いますね!

Abuuさんがお薦めする作品

ルブリスソーン(最期)

ドムトローペン【局地戦仕様】HGUC

ライジングフリーダム

ガルムガンダムⅡ

8
MG ダブルオーライザー

MG ダブルオーライザー

通常版マスターグレード。ダブルオーライザーです。 カラーリン…

6
ライジングフリーダム

ライジングフリーダム

HGライジングフリーダム。 劇中再現にて〜 劇中のハイライト…

7
インフィニットジャスティス 1/100

インフィニットジャスティス 1/100

無印1/100よりインフィニットジャスティスです。 価格や入…

8
MG ジム

MG ジム

初代MGの素ジムです。 シンプル量産機の極み。