シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ”

シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ”

HGクロスボーンガンダムをマクロス作品にありそうな形に変形させてみました。差し替えなしオリジナル変形です。
前回より塗装をがんばりましたが、相変わらずの未塗装部、雑な工作等多々ありますが、ご覧いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

改造に使用したキットは下記になります

・HGBF インパルスランシェ
・HGBF A-Zガンダム
・HGBF スカルウェポン
・HGBF パワードアームズパワーダー
・HGBD HWS&SVカスタムウエポンセット
・30MM eEXM-17 アルト(空中戦仕様)
・壽屋 19 ソリッドラプター
・壽屋 MSG メカサプライ10
・壽屋 MSG 05ジョイントセットA
・壽屋 MSG 01フレキシブルアームA
・エフトイズ トムキャットメモリーズ
・エフトイズ フランカーファミリー

シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット1
とりあえず素立ち2形態です。翼は展開すると「X」字になる等多彩な表現が可能です。 クロスボーン本体はスカート部全外装パーツの変更、足甲パーツの交換をしました。 フロントスカートは脚部可動を考え、新規で接続軸を若干前に出しました。 サイドスカートはスカルウェポンのアームを使用してこちらも脚部可動に緩衝しないように可動軸を設け、スカートパーツにはクロスボーン系特有のシザーアンカーのようなものをつけてみました。 ディスプレイ用の3mm穴にはノーズユニットを取り付けてます。 リアスカートは機体幅方向に開き、変形時ノーズユニットを位置決めする役割を担っています。 バックパックはHGBDカスタムウェポンセットからファンネル?用のアームパーツに壽屋のブースターを着けました。 主翼はF14の主翼にジャンクのウィングを着け、プラパンでサンドしました。 尾翼はsu-30のものです。
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット2
アクションさせてみました。 武装は今のところ腹部拡散ビーム砲、シザーアンカー、ブランドマーカー、メガマシンキャノンくらいでして。。。 シザーアンカーを投げて敵の武器を奪う、という戦法を妄想していますが、ライフルをどこに着けるか考えあぐねているのが実際でした。 今回は前作ではできなかった「膝立ち」が、なんとかそんな雰囲気を醸し出せるように。。 操縦系ですが、ダブルオーライザーのような複座?式になっていると妄想してます。 本体たち座り型のコックピットで、これが変形時胴体Y軸基点にくるっと回り上下左右位置変化に対応する感じかと。 背部ノーズユニットはユニット全体をスーパーコンピュータとし、それを使って空力制御、火器管制、レーダー管制、状況解析等の様々な演算処理を行う支援アンドロイド、アストロメク=ハロさんが乗っている…という設定です。スター○ォーズみたいなイメージでしょうか。
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット3
変形手順ですが、まずマッスルポーズをします。 次にウィングユニット、リアスカート、サイドスカート(シザーアンカー)を機体幅方向に伸ばします。 フロントスカートを前へ折り、脚部を外側へ回転させそのまま上方へ折り畳みます。 その後フロントスカートは元に戻します。
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット4
足先をたたみ、機体背面を上にしてノーズユニットを前に引き出します。 その後、ノーズユニットをリアスカートの方へ押し込みます
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット9
次にエアインテークユニットを脚部接続軸の切りかきに合わせるように動かします。 リアスカート、サイドスカートを定位置まで動かし、最後に主翼をリアスカートに噛ませてロック、尾翼の角度を整えます。
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット10
ファイター形態です。主翼はガンダム作品の代表的な後退翼ですが、尾翼を可変V尾翼にしてマクロス作品にありそうな雰囲気を図りました。 主翼付近のパーツ構成はF14を参考にゼータ系に見られるウィングバインダーをエアインテーク、スタビライザー、ウィングユニットの3つに分け、MS時にはバラバラに動き、バルキリー時にはウィングバインダーのような形状になるよう工夫しました。
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット11
今回は元が小型MSと言うこともあり、RGゼータWRより薄い小さいでした。 本家バルキリーやSU-30と比較するとまだまだ分厚い大きいなのでした。 しかしスカートパーツ全交換とはいえフレーム無改造でここまで前屈できるHGクロスボーンがすごかったです。 この改造をしているうちに何パターンかのバリエーションやら、改善点が浮かんできました。 なので、しばらくは「FV(フォーミュラバルキリー)シリーズ」の種類をもっと増やしていきたい、と考えています。そちらの方もご覧いただけるよう、もっと精進します。
シルエットガンダムFVシリーズNo.00 “レギンレイヴ” アピールショット12
おまけのボツガウォーク(両腕が短く更に手が逆向きに。。。)と、パイロットを支援啓発してくれるアストロメク=ハロさん(エフトイズのフィギュアそのまま)です。。
  • サイトの埋め込み
FVシリーズ、ネタ切れしないようにがんばります!

コメント13件

  1. oyz (オイズ) 可変開発室長 7か月前
  2. RH少佐 8か月前
    • Lab@Henkel-gunpr 8か月前
  3. dope 8か月前
    • Lab@Henkel-gunpr 8か月前
  4. コウヅキ 8か月前
    • Lab@Henkel-gunpr 8か月前
  5. 希鳳:KIHO 8か月前
    • Lab@Henkel-gunpr 8か月前
  6. 銀刀 8か月前
    • Lab@Henkel-gunpr 8か月前
  7. ねぼすけ 8か月前
    • Lab@Henkel-gunpr 8か月前

「新しい可変機構」をテーマにに1/144ガンプラを改造しています。よろしくお願い致します。

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star20
  • rating_star46
  • rating_star30