GUNSTA

コピーできました!

エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース
  • 2480
  • 0

エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース

エクストリームガンダム三浦あずさ専用機、エンプレスのM@STERフェース。
輝きの極限進化を遂げたエクストリームガンダム。
防御力と加速力に特化した機体で、何人も寄せ付けない姿はアイドルの頂を目指し、階段を駆け上る姿そのものであった。

エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット1
エクストリームガンダムtype-あずさの素体が見えないほど覆われている機体の装甲が特徴。
ABCマントを積層化した特殊装甲フルクロス、両肩と胸部のIフィールド、両肩のGNフィールドと防御システムが過剰なほど搭載してあるうえに、増設された装甲のほとんどがリアクティブアーマーとして機能する。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット2
背部に搭載された3種類のヴォワチュール・リュミエールはそれぞれ役割が異なり、巡行速度と無限の加速のスターゲイザー、瞬発的な超加速のデスティニー、その中間に位置するストライクフリーダムである。
ヴォワチュール・リュミエール発動時は背部の大型リングが強烈に発光する。
大型リングの付け根に搭載されたヴォワチュール・リュミエールはスラスターとしての機能はなく、搭載機を中心に展開することで、展開エリア内の他の物体の動きを検知するセンサーとして機能する。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット3
武装はフィンファンネル2基、スーパードラグーン8基、オラージュ・ド・リューヌ、ボール・ド・リューヌを搭載する。
本機にもマニピュレータはあるものの、装甲や機体重量の影響で使用することができない。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット4
複座コクピットを採用しており、機体制御と火器管制を二人で分担して行う。
実際は、三浦あずさはモビルスーツを操縦することができないため、同乗者(プロデューサー)がすべて一人で行う。
コクピット内は耐G措置や耐衝撃装置が組み込まれており、搭乗者に対する配慮が施されている。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット5
発艦前のエクストリームガンダム。
ステージ上で幕が上がるのを待つアイドルのような佇まい。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット6
格納状態。
装甲や翼、大型リングは格納形態をとることができる。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット7
機体の外観コンセプトは「ステージ上のアイドル」
ドレスの様な装甲に天使の輪を彷彿とさせる大型リング。機体カラーは三浦あずさのイメージカラーである紫をベースに暗くならないように明るめの色を使用。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット8
大型リングはコーヒーコースターを飾るのにちょうどよい大きさでした。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット9
エクストリームガンダム type-あずさ
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット10
後ろから
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット11
極限進化してM@STERフェースになるとほとんど見えなくなる素体です。
エクストリームガンダム type-あずさ エンプレス M@STERフェース アピールショット12
  • サイトの埋め込み
7月19日は三浦あずさの誕生日ということで、毎年彼女にちなんだガンプラを投稿しています。今年はエクストリームガンダムでオンステージ!

コメント0件

初投稿です。 よろしくお願いします。 固有タグ「ナハティガル」「N計画」

2021年最新作

関連ガンプラ作品

  • rating_star46