オリキャラ・ログ  No.02
  • 328
  • 1

オリキャラ・ログ  No.02

MSをはじめとする兵器は現地改修されることも多い。本機もその例に漏れず現地改修が施されている。

パイロット名 「ロバート・カインズリー」

2つ名 「緑の鬼」

性別 男

ジェンダー 男

年齢(U.C. 0079年時点) 28歳

階級 中尉→准尉 

出身地 サイド3

オリキャラ・ログ  No.02 アピールショット1

ア・バオア・クー防衛戦以前は別の部隊に所属していた。しかし、この頃のロバート機は現地改修は施されていなかった。

生まれつき荒々しい彼は新兵いじめの常習犯であった。しかし有能なパイロットでもあったので、徒に仕返しは出来なかった。

オリキャラ・ログ  No.02 アピールショット2

しかし、彼は報いを受けた。

戦闘中に味方から銃撃を受けたのだ!

即座に脱出して九死に一生を得たが、新兵いじめが発覚し降格処分を受けた。

オリキャラ・ログ  No.02 アピールショット3

降格されたロバートは、戦況悪化によりア・バオア・クーEフィールドに配属される。

オリキャラ・ログ  No.02 アピールショット4

ロバート准尉が愛用していたのは中央の試作型ザク・マシンガンである。

連発可能なグレネードランチャーやセミオート機能、長銃身故の安定感を持つ本銃はテストで好評価を得ている。しかし戦場での取り回しに難があり、本格的な量産は却下された。

本銃の反省点をもとにした「MMP-78 120mmザク・マシンガン」(写真最下部)が製作された。

※この設定は公式設定ではありませんが、あしからず。

オリキャラ・ログ  No.02 アピールショット5

本機の最大の特徴点は頭部の実体剣である。フェイント攻撃で最大の効果を発揮することが可能。

センサーも併設され、上部の視界も向上している。

オリキャラ・ログ  No.02 アピールショット6

極めて扱い難い装備ではあるものの、ロバートは難なく運用している。

現地改良されたザクの中でも、最も地味なザクの一つではある。

しかし、彼の活躍によって「緑の鬼」と呼ばれ、恐れられたという。

3番目の写真は某戦争映画の1シーンを参考にしたものです。

コメント

  1. 中光國男 5か月前

    設定ストーリーが楽しいですね〜武器装備も充実してますが、実体剣!には予測出来ませんでした!ブレードアンテナと思い込んでいたので初めてみた装備です(^^)

7
オリキャラ・ログ  No.06

オリキャラ・ログ  No.06

少数生産されたザク・キャノンと言えど、エースパイロットがいる…

9
オリキャラ・ログ  No.03

オリキャラ・ログ  No.03

ジオン軍はルウム戦役後に地球降下作戦を実行しているが、今回紹…

8
オリキャラ・ログ  No.01

オリキャラ・ログ  No.01

この青色のジムの名前は「ジムスナイパーⅡ」であるが、パイロッ…

8
初投稿! RGM-79[E] 初期型ジム

初投稿! RGM-79[E] …

HGUCジム改を改造して、初期型ジムを作りました。 ところど…