GUNSTA

コピーできました!

人型戦車フェルディナントD型
  • 200
  • 3

人型戦車フェルディナントD型

ゴッグに戦車模型の装備やディテールを追加して1/35スケールの陸戦兵器のような仕上がりを目指しました。

人型戦車フェルディナントD型 アピールショット1

大戦時のドイツ戦車を参考に3色迷彩を施しました。その上からチッピング、フィルタリングを行い、ちぐはぐな色合いにならないように調整しています。
デカールは市販の物を使用、綺麗に馴染んでます。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット2

頭部、胴部、肩部はラッカーパテで鋳造表現を施しました。
胴部には戦車のキャタピラを付けて増加装甲の代わりに。
頭部はモノアイ部分を改造して小窓風に変更してます。
腹部メガ粒子砲はディテールパーツを用いて機関砲に変更。D型は左側一門のみ、他の型は二門かもしれない…
両端の魚雷発射管は戦車模型のパーツを使い、前照灯に変更しています。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット3

バックパックはこの機体のエンジン部にあたるので、それっぽいパーツを付けて密度を上げています。
ドラム缶はタミヤの1/35ジェリカンセットから、横のスモークディスチャージャーはジャンクを用いて作りました。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット4

両腕は途中からゾゴックの腕に変更しています。
右腕には6連装グレネードランチャーを装備
プラ板とプラパイプを用いてスクラッチしました。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット5

ゾゴックのハンドパーツは握り手と武器持ち手しかないので、握り手を用いて平手を作成
関節ごとにパーツを切り離して再接着、肉抜き穴をパテで埋めて整形しました。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット6

膝関節はパテを盛ってシーリング加工を施しています。
足にはポリパテでツィンメリットコーティングを追加しました。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット7

1/35スケール相当の兵器であると意識して改造、塗装をしましたがそこそこ上手くできたのではないかと思います。


人型戦車フェルディナントD型 アピールショット9

サーフェイサーを吹く前の状態
鋳造表現、ツィンメリットコーティングをしている部分がよく分かります。


  • サイトの埋め込み

コメント3件

  1. ThunderFive 6か月前
  2. Tulsa_Birbhum 6か月前
  3. tom 6か月前

うちう世紀の機体が好き。 綺麗に作るより、汚して作る派。 味が出る筆塗りが好み。 明るい色が上手く塗れない… 好きな塗料はタミヤアクリルのダークイエロー

関連ガンプラ作品

2021年最新作