GUNSTA

コピーできました!

ASW-G-43 ガンダムサブナック

ASW-G-43 ガンダムサブナック

今回はガンダムサブナックです。
アプローチは前回のアンドラスと同じく、HGのカラミティを切り刻んでガンダムフレームを埋め込んでいくというもの。

今回はアスタロトを生贄にして、サブナックの召喚と相成りました。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット1

正面

上半身はフレーム以外はほぼカラミティを使用。

逆に下半身はカラミティの特徴的なパーツを用いた部分以外はアスタロト分を多めにしています。

もともとカラミティの下半身はすごくシンプルな形状だったので、ディテールを追加する意味も兼ねてアスタロトのパーツを多めに使いました。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット2

横。

機体設定

43番目のガンダムフレーム。
機体コンセプトは高い火力による後方支援である。

後述する各種火器を用いた射撃戦においてその真価を発揮するが、高機動戦闘には主眼を置かれていないため、前衛を担当する機体と組むことで機体性能を十全に発揮することが可能。

厄災戦においては、アンドラス、ブエルと共に運用され大きな戦果を挙げたとされる。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット3

後ろ

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット4

アスタロトの腰回りはかなりかっちりした作りなので、オリジナルのミキシング系には結構お勧め。しかし最近のポリキャップ接続のサイドスカートに対応していないので悩みどころ。稼働を取るか、堅牢さを取るか。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット5

素 後

バックパック外すとものすごいモデル体型。
足回りの装甲が少ないのと、ハイヒールっぽくなってる影響。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット6

武装

337mmプラズマサボット・バズーカ砲 トーデスブロック

小型の弾頭にプラズマを纏わせ射出することで広範囲に攻撃が可能な携行兵器。
基本的にはナパーム弾をセットすることでナノラミネートコートを引きはがすことを目的にしているが、地表に直接打ち込むなどでプルーマを一掃することも可能。

2連装長射程砲 シュラーク

肩部に装備されるダインスレイヴ発射用のレールガン。
二連装のレールガンは対MAにおいても十分な威力を発揮することが本機の運用において実証されたが、絶大な威力と引き換えに機動力を欠く結果となった。その後の開発においてはフラウロスの開発などに本機の運用データを元に改良が加えられていった。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット7

115mm 2連装衝角砲 ケーファー・ツヴァイ

盾に装備された連装砲。一撃でナノラミネートコートを打ち抜くほどの威力には至らないが、牽制には十分な威力を発揮するとともに二連装による弾幕効果は高く、単位時間当たりの火力により強引にナノラミネートを破ることも可能。

また、先端には希少金属を用いたブレードを装備するため、近接戦闘における衝角として使用できるほか、背部のグリップを展開することで実体験として使用することも可能。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット8

一番弄くり回したであろう盾。

鉄血らしくない武装だけど、カラミティには欠かせないこの盾をどう料理するかが課題だったので、開き直って”盾”ではなく”ガードもできる剣”として扱うことにしました。デモリッションナイフの基部を切り取り、グリップ兼ホルダーとして使用。懸架している段階ではほとんど基部も見えませんが、多少腕周りがごてっとします。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット9

毎度のことながら、カメラアイには蛍光塗料を塗って光るようにしてます。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット10

アンドラスの反響が大きかったこともあり、嬉しいテンションのまま一気に駆け抜けました。ブエル(レイダー)を作ればいよいよ三馬鹿が結集することになりますが。いつになるやら。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット11

フレームはグレーをメインにシルバーで塗り分け。

本体カラーにはブルーグリーンを
青よりのもと緑よりの二種類で塗り分け。よーく見ると違いが分かるかなぐらいの差ですね。二色とも同じ塗料の配合だけ変えたので、彩度とかがそんなに変わらないから見分けがつき辛い。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット12
ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット13

抜刀

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット14

カラミティなのに剣が似合いますね。

足周りがかなりすっきりしたシルエットなので全体的には水泳選手みたいな細マッチョ系のシルエットですね。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット15

鉄血らしく剣を構えたぽーず。

ASW-G-43 ガンダムサブナック アピールショット16

せっかくなので記念撮影。

さあ、ここにもう一体の黒いのが入るのはいつのことになるのでしょうか。

  • サイトの埋め込み
アンドラスと並べたくて。カラミティもなかなかカッコいいぞぉ。

コメント4件

  1. GODAI 7か月前
    • Tomato.nit 7か月前
  2. 火星大王参號 7か月前

東京に生息するガンプラビルダー。 ミキシングビルドを得意にしている(つもり) テーマとかお題に沿って作るのが実は一番得意みたいです。 お気軽にコメントください!とても励みになります!

Tomato.nitさんがお薦めする作品0件

関連ガンプラ作品

ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
  • rating_star44