HGAC OZ-06MS リーオー カスタムカラー
  • 256
  • 0

HGAC OZ-06MS リーオー カスタムカラー

ガンプラ2作目、HGAC OZ-06MS リーオーをカスタムカラーで製作しました。

今回はキットの改造無しで一部スジ彫りによるディテール追加&全塗装の製作となっています。またエナメル塗料を部分塗装に初導入したり塗り分けによる迷彩柄など新しい技法にも挑戦した作品となります。

前面から。

上半身は黒っぽいグレー、下半身は寒色系スプリッター迷彩となっています。カメラ部は蛍光オレンジで塗装、右肩のアーマーにワンポイントで赤を入れています。

仮組みの際に下半身が上半身に比べて情報量が少なく感じたので、作品全体としてのディテールアップも下半身へ集中的に行っています。

バックショットです。

大腿部、下腿部からアンクルアーマーまで前後にスジ彫りによるディテールアップを施しています。細くのっぺりした印象の脚部でしたがスジボリと塗り分けで個人的に満足出来る雰囲気になりました。

105mmライフルです。

前作のHGUCジムでは手持ち火器を塗り分けせずに単色で仕上げていましたが、今回は迷彩色を含め調色を多く行なったので余った塗料を用いて思いつくままに塗りました。

ビームサーベル×2&シールドです。

ビームサーベルは根元に蛍光化したホワイトに少量の蛍光ピンクを加えた色で塗装してあります。

シールドは脚部と同じ迷彩色で塗装してあります。塗膜が暑すぎたのか裏のパーツを取り付けたらシールド上部二箇所クラックが入りました…アルファベットと数字は上から組織、大隊番号、小隊番号(のつもり)です。

スジ彫り確認用のメカサフ状態です。プラスプーンは塗ろうと思って塗ってみた既製色です。結局色味を合わせる為いろいろ調色する事になりましたが結果的に好みの色になって良かったです。


HGUCゲルググ改造の合間に息抜き用としてパチ組みしたリーオーでしたが、素性の良さに感動しそのまま完成させちゃいました。

左肩のアーマーのスジ彫りの上下を間違えたり 奥まった場所の塗装がボケたりと各所失敗した部分が多々ありますが 少しずつ作ってきたリーオーが完成して一先ずホッとしています

使った塗料は目についた色をテキトーに合わせたので、どの色をどの様にしたか全く思い出せません笑

前作のジムより色々な事を試す事が出来たのは良かったと思います。組みやすくよく動く、もう一度作りたいと思えるとても良いキットでした。

  • サイトの埋め込み
見ていただきありがとうございました‼️

コメント0件

2020.6月からガンプラを始めた初心者です ▼現在作成中のキットはこちら▼ 旧キット1/144 ジェガン(挫折中) HGUC 1/144 ゲルググマリーナ シーマカスタム

HGUC RGM-79 GM カスタムカ…

HGUC 1/144 RGM79 GMをオリジナルカラーで製作しました…

  • 0
  • rating_star28
  • 184

関連ガンプラ作品

[ウーンドウォート]サイコブレードカスタ…

my version of the Woundwart Psycho …

  • 1
  • rating_star45
  • 432

リライジングガンダム

これまで作ったコアガンダムII、エクスヴァルキランダー、ウォドムポッド…

クロスボーンガンダムX1 フルクロス

ずっと積んでいたBFTver.フルクロスをディキトゥスと並べる為に塗装…

RGM-79N ジムカスタム(試験機)

0083スターダストメモリーよりジムカスタムを製作しました。設定として…

  • 1
  • rating_star40
  • 256