アステリオス
  • 904
  • 0

アステリオス

ガルバルディリベイクをミキシングで作り込んで見ました。元の機体が地上戦用みたいな風貌だったので、空中でも戦えるようにと推力と火力の強化をコンセプトにしています。名前は、元の機体から改造していった姿を想像して、そこからミキシングと手を加えて行きました。ただ合わさるだけでなく、各部のディテールアップと塗装で、ちぐはぐにならないようにしました。塗装は、筆塗りで仕上げています。使用したキットは、ガルバルディリベイク、Rジャジャ、ガンダムフラウラスリバーシブルガンダムの4つでそれぞれ、上半身、下半身、バックパックに使用しました。

この機体の最大の特徴の砲撃形態です。4つの砲を一斉射で構える姿は、迫力があります。ミキシングするにあたって、足回りがガルバルディのままだと短足に見えたので、Rジャジャの脚を使い、少しスタイルを良くしました。

別角度からの写真です。バックパックには、Rジャジャの腕回りも使用しており、砲撃時の反動を軽減する目的でバインダーをつけています。バインダーを展開すると、シルエットが一気に変わるので、良い感じです。

全体図です。武器類には、色分け以外ほとんど、手を加えていませんが、本体は、元のディテールを活かす形で情報量を増やしています。今回は、元のガルバルディの余りパーツも使用しており、腕、サイドスカート、脚部のボリュームアップも行いました。

手持ちの武器を構えた姿になります。バックパックを作るに当たって、グシオンリベイクのようなサブアームの要素も取り入れようと考えて、稼働軸を増やしました。Rジャジャの肩は、攻撃もできて、可動域も広いので、色々な角度からの攻撃に対応できるようにと採用しました。

バックパックを外した背面図です。写真から分かるように、元のバックパックを反対向きに取り付けて、そこに接続用の穴を設けています。接続自体は、フラウラスの足の軸を使用しています。

バックパックと本体です。バックパック、支援機として使えるようにとした結果、単体でもかなりボリュームがある機体になってしまいました。

今回、久しぶりにミキシングでガンプラを作ってみて、作る機体のコンセプトや、それに必要な要素を考えてい過程も含めて作っていくことができてとても楽しかったです。

  • サイトの埋め込み
ミキシング作品になります

コメント0件

兵庫県在住の会社員です。 もっぱら土日にガンプラを作っています。HGをメインにしており、塗装は、筆塗りで行なっています。

ガンダムマルコシアス verMN

大型のウイングやバインダーなど、いかにも異形のモビルスーツな感じが気に…

ガンダムAGE3フォートレス 実戦配備型

AGE3フォートレスのカラバリ作品になります。AGE3オービタルのデザ…

HG ガンダム G-エルス

Gエルスをシャープ化しつつ、少し手を入れました。塗装の塗り分けは、元の…

HG ガンダムゼルトザーム

4月に転勤して、引越しをしたので久しぶりの投稿になります。ゼルトザーム…

関連ガンプラ作品

V2ガンダムフルバスター

今までパチ組みしかした事なかったんで初改造・初塗装です。セカンドVのバ…

旧HG ジムスナイパー

20年ほど前に制作した物を修復しました^^

  • 0
  • rating_star17
  • 80

ペーネロペーガンダム

とにかくデカイ!飾るとこがない!(笑)

ビヨンドグローバル

BEYONDGLOBAL作製。 プロポーションや筋彫りアンテナに真鍮線…

  • 0
  • rating_star25
  • 128