GUNSTA

コピーできました!

HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】

HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】

HG ザク・デザートタイプをシリコンバリアを用いて、
塗装剥しチッピングで製作しました!!

HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット1

HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット2

以前から興味のあったシリコンバリアを使った塗装剥しチッピングを実践しました。他にスパイクアーマーの形状変更、動力パイプのシーリング風加工、各所丸モールドに市販のディテールパーツを埋め込んでいます。


HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット3

メインの塗装剥しですが、下地にマホガニーサフを使用。
シリコンバリアをエアブラシで塗布して下地を残しつつ、
本体色を薄めに希釈して塗装しています。
塗装を剥す方法は色々あるかと思いますが、今回はデザインナイフとドライブラシ用の固めの筆を用いました。つい楽しくなってやり過ぎてしまうのはあるあるですよね。
剥した後はクリアを吹いて定着後、ウェザリングカラーのスポットイエローでフィルタリングして馴染ませています。


HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット4

スパイクアーマーや足回りなど擦れそうな部分を重点的に剥しました。実はスパイクアーマーに関しては白の塗分けの際のマスキングテープに追従して大きく剥がれてしまったのですが、結果オーライでいいアクセントになったと思います。

塗装はがし後は全体的にウェザリングカラーのグランドブラウンでさび垂れを表現しています。また、足首のみウェザリングペーストを塗りたくって泥汚れっぽくしています。


HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット9

特にこだわった動力パイプの表現。色々試して銅線巻いたアルミ線に熱収縮チューブを被せるという手段に落ち着きました。パイプの基部には適当にディテールパーツを組み合わせています。

スパイクアーマーはスパイクが埋まって見えるように一度切り離して裏側から塗装後に接着しました。好みで天面のスパイクはオミットしています。

他にはシールドの穴埋めや薄プラ板による追加装甲などでしょうか。
あとは他キットから色々武器を流用しました。サムネの対艦砲はオリジンシャアザクから貰い受けています。色々武器持たせた写真をどうぞ。


HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット10

ビルドカスタムシリーズからジャイアントガトリングガン。
重量があるのでポージングには四苦八苦しましたが、ガトリングはいいですな。


HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット11

色々武器作りました。基本的に合わせ目消したのとスコープのHアイズを埋め込んでいる以外はキットのままで、クレオスのスーパーアイアンで塗装後にシルバーでドライブラシしています。


HG ザク・デザートタイプ【塗装剥しチッピング】 アピールショット12

最後に塗装前との比較です。
好みでタン系の成型色からダークイエローに変更しています。
分かりづらいですが、黒とダークグリーンの部品にも塗装剥しやってます。
もっと激しく表現してもよかったかも??

関節部分はフレームメタリックを塗装後にあえて艶ありのクリアーでぎらつかせています。くみ上げ後に違和感があったら半艶に変えようかと思いましたが、いいコントラストになっているのではないかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!
塗装剥しはお手軽とは言い難い手法でしたが、
とにかく作業が楽しいのでおススメですので是非!


  • サイトの埋め込み
HGザク・デザートタイプを塗装剥しウェザリングで製作しました!

コメント4件

  1. Zoo 7か月前
    • Robbin 7か月前
  2. Tulsa_Birbhum 7か月前

まったりガンプラ作ってます 最近エアブラシを購入したので 色々試行錯誤中

関連ガンプラ作品