ASW-G-49 ガンダム・クロセル
  • 568
  • 4

ASW-G-49 ガンダム・クロセル

新作が出来てしまいました。暇だったらでいいんで見てってぐださいー٩( ᐛ )و  (以下設定)

ASW-G-49 ガンダム・クロセル

厄祭戦以降、現存するガンダムフレームの内の一機で、火星のある民間の解体屋が所有するMS。普段は非武装で戦闘のあった宇宙空間を漂う廃材の回収、解体などに運用されている。 阿頼耶識未搭載。

操縦者は社員の少女で社長の姪。(阿頼耶識手術はうけていない)パイロットとしての腕は並程度で作業はともかく戦闘による機動をマニュアルで行うことはできない。

重度の機械好きということもあり戦闘用支援ユニットとして「HARO」を自作し、コクピットの端子に接続する事で戦闘時に火器管制や状況によるランダム回避などの補助を得る。

作業中も時間の合間にガラクタ漁りをして自機の改造部品など探しているが本命は他にあるとかないとか…

「いつかこの目で見てみたい。最高の欠陥機と呼ばれた機体を。」

前  特徴として左右非対称のカラーリングにしてみました。厄祭戦当時はグレーを基調とした渋い色合いでしたが現パイロットの趣味でカラー変更されたという設定です。弱冠の塗装失敗部分がありましたのでウェザリングとチッピングでごまかしとります_(:3 」∠)_

後  なかなかのどっしり感があります。バックパックはHGデスティニーのものをガッツリ使ってます。

武装  左から、ライフル・剣・レールガン

どれも解体作業中に拾ってきたりしたものです。ライフルと剣(デモリッションナイフ)はアスタロトRの物をまんま持ってきました。レールガンはデスティニーのビーム砲をもとにジャンク感を出す為いろいろくっ付けてみました。

頭  フェイスはアスタロトRの余剰パーツであるオリジンの物。額部分はなんかいろいろ合わせて作りました。(ド忘れ)


腰アーマーはガンダムフレーム脚部の一部を加工して前と後ろのスカートを貼っつけました。腰に付けると太腿にかぶさるような感じになります。

各武装を使い分ける事で近・中・遠距離での戦闘に対応

汎用性の高さを意識した設計として、自衛の為のプログラムをHAROによって組み込まれています。

設定の深掘りをするとクロセルは鉄血本編の役30年ほど前からこの会社で非武装の作業用MSとして運用されていました。マクギリス派とアリアンロッドの戦闘後の宙域の残骸処理を請け負った際に突発的な戦闘を視野に入れ各武装の導入が決定されます。同時に自分のパイロットとしてのスキルに未熟さを感じていた少女は支援ユニットHAROの製造に取り掛かるわけです。

以上です。全体的にある程度は構想どおりに仕上りましたが、カラーリングに関しては非対称はいいんですがもう少しまとまりがあったほうが良かったなと思います。次からはその辺も上手くやってこう( ͡° ͜ʖ ͡°)

  • サイトの埋め込み

コメント4件

  1. GODAI 1週間前
  2. Pavlov 1週間前

改造初心者です。基本週末モデラーなので投稿間隔は空きがちになると思いますが色々上げていきたいと思います。

ASW-G-60 ガンダム・ナフラ 決戦…

前回投稿したナフラの決戦仕様として装備を追加してみました。よければまた…

ASW-G-60 ガンダム・ナフラ 

初改造にして初投稿です。良かったら見てってぐださいー٩( ᐛ )و  …

関連ガンプラ作品

HGガンダムバルバトスルプスレクス"Me…

HGバルバトスルプスレクスをイジり倒して、 MetalRobot魂版に…

レギンレイズジュリア

可愛くしてみました。

デルタガンダム(息子専用機)

デルタカイベースのオリ機です。脳内設定⇒UC0088、アナハイムは技術…

  • 0
  • rating_star34
  • 240

初めての筆塗りバルバトス

兄が2020年3月からプラモ屋を始めたので、突然ガンプラを始めました。…