GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

STH-16-c獅電コマンダー(試製型)「Pharmad」(トンファー装備型)
  • 123
  • rating_star9
  • 0

STH-16-c獅電コマンダー(試製型)「Pharmad」(トンファー装備型)

STH-16-c獅電コマンダー(試製型)

テイワズの民間警備会社にテスト目的で供与されたコマンダー仕様の試験機。 通常の獅電より近距離・近接戦を得意とする。
先に配備された獅電高機動狙撃型とは異なり、近接戦闘向けのチューニング・装備が施された。
また、通常の獅電よりセンサー・通信機能が強化が図られている。
本機に装備されたトンファーはオプション武装の一つであり、当初はこちらがメイン装備とすることも検討されたが、癖がある武装であるため、見送られたといわれている。

メインパイロットに突撃癖があり、本装備だと通常のブレード装備型よりもすぐに近接戦を挑もうとするため、それをモニターで見ている整備班から悲鳴があがっている・・・らしい。

武装
・ショットガン:
テイワズに残されたアスタロト・オリジンのデータを元に少数制作されたうちの一丁。

・ハンドグレネード:
主としてけん制等で用いられる。機体をダッシュ中に本武装を使用すると、機体からの信号の関係で不発となる。整備班も修正しようとするが、なぜか直らないようである。
開発担当曰く「仕様です」と言われたとか。

・トンファー:
攻防両者とも使われる格闘用武装。両腕武装ホルダーに配置され、ホルダー装着状態でも用いられるが、通常は両手に持って用いられる。
いくつかの試作品が作られ、搭乗パイロットの趣味で本タイプが主に装備されている。

ツイッター企画「鉄血のバトルリング」で作った機体の武装変更バージョンです。
まあ、見ての通り?、元ネタは、とあるSEG〇の電脳戦機のアレです。

写真もイマイチですが、ご笑覧いただければ・・・

GET READY!!

コメント0件