ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア

ゴールドフレーム天ミナを素体にルーミアのカラーリングに仕上げ、リボンをイメージして作った「ガンダムアストレイゴールドフレーム天(あまつ)ミア」。名前に違いがなさそうに聞こえるが「ミナ」から「ミア」になっています。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット1

3月にRGゴールドフレーム天ミナが発売するのにHG天ミナを買ったバカ、私です(友人に言われました(´・ω・`))。ルーミアのガンプラで「黒い」「食べる」「リボンに見立てられそうな角」これらの条件をクリアできるのはゴールドフレームしかありませんでした。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット2

見づらいかもしれませんが、まずアンテナの方を少しばかり改造し、右の角を少しカットして左角をルーミアのリボンに見立てれるようにするため、アシンメトリー(左右非対称)にしました。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット3
ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット4
ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット5

“トリケロス改”シールドに組み込まれた様々な武装を施したシステムであり、ビームライフル、ランサーダート、ビームサーベルの三つの運用が可能。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット6

“ツムハノタチ”3本のクローを左腕に備えており、近接用の武装であるが、主な用途が相手をひっかけバランスを崩すのが使い方。狙った獲物は逃がさないようにするため。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット7

左肩のドクロは「スカルウェポン」のパーツ「H2-⑧」を使用しています。持ち手の部分と刃の方をカットしてやすり掛けし、両面のうち片方を平らにして、その平らになった部分にプラ棒を接着。そして肩の方はドクロが取り付けられるように穴を空け、着脱式にしたことで塗装がしやすいようにしています。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット8

“トツカノツルギ”細身で作られた実体剣。敵の関節を破壊したりに運用され、ルーミアはこれで捕らえた敵を動けないように関節を破壊することを目的とする。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット9
ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット10

“マンジェ”腰部と腹部の間に装備された小型拳銃。二丁持っており、更には取り回しがしやすいためトリケロスが失っても射撃戦は可能とされている。マンジェとはフランス語で「食べる」という意味である。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット11

拳銃ですが、こちらも「スカルウェポン」のパーツ「I⑯(拳銃)」を採用し、「I①」と「I⑰」のパーツとジャンクパーツを使って接着し、収納できるようにしてます。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット12

“マガノシラホコ”マガノイクタチに内蔵された有線式の槍。コントロールできるので近距離で死角から襲う事ができる。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット13

“マガノイクタチ”巨大な翼を彷彿とさせるバックパックであり本機の主力武器。ミラージュコロイド技術も備わっているため、これを中心に運用可能。また、敵を捕まえる事にも長けており、エネルギーの吸収、すなわち「食べる」ことにより機体が回復可能。
“ミラージュ・コロイド”ブリッツの機能を施しており、機体を隠すように透明化し、相手からの索敵・ロックを避ける事ができる。ルーミアの暗闇を利用しての攻撃から本機が採用された。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミア アピールショット14

最後は「そーなのかー」ポーズで

  • サイトの埋め込み
ルーミア「さあ舞え!舞うのだー!」

コメント0件

ガンプラと東方が大好きマンです。基本的に東方×ガンプラを合わせた作品を作ります。こんな自分をよろしくお願いします。

関連ガンプラ作品

関連する作品はありません