ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型)
  • 560
  • 0

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型)

自作創作『ガンダムビルドファイターズ”Jの軌跡”編』に登場する、ジョウ・サイモン専用ガンプラ。『機動戦士ガンダム~ジ・オリジン』に登場するガンキャノン 最初期型 (鉄騎兵中隊機)とガンキャノン 機動試験型 / 火力試験型のミキシングであり、ガンプラ塾に入塾するまで使っていた。

固定武装は、右肩の肩部バルカン砲と頭部の60ミリバルカン砲のみであり、それ以外の武装は全て、戦況に応じて交換が可能な仕様になっている。
標準的には、ライフル、シールド、そして左肩に低反動キャノン砲を装備している。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット1

「宇宙世紀史上、初のモビルスーツ戦となったスミス海の戦いの生き残り」という設定のもとに作られたガンプラ。地球連邦軍は、この戦いでジオン公国に大敗を喫するが、ジョウはその設定の通りの射撃能力の高さを、ガンプラバトルで見せ、狙撃手として頭角を顕にしていた。

肩部ガトリング砲
本来は、肩部の兵器プラットフォームに装備できる、対地用の実弾火器。ジョウは、バルカン兵器の要領で、牽制や近接武装として使っていた。

60ミリバルカン砲
頭部両側面に装備されている兵器。肩部ガトリング砲同じく、実弾を発射し、牽制や近接戦闘に用いられた。


ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット2

中距離戦装備
中距離に重きを置いた装備。マニュピレーターを4連装機関砲に差し替え、左肩にミサイル・ランチャーを装備している。

なお、武装交換のコンセプトは、河原アキラのガンプラのMAS(Multiple Assault System)にヒントを得たと言われているが、一説によるとこのガンキャノンの製作には、ドクター・ITが関わっているらしい…?

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット3

長射程戦装備
左肩に大口径砲を装備しているのが特徴的な姿。ジョウは、砲撃戦を得意としたため、基本的には近接武装は装備しておらず、短射程の武装などを使って近づいてきた相手と戦っていた。
天才的なその射撃能力は敵味方から畏れられ、第一次世界大戦で初めて導入された毒ガス兵器のように「どこからやってくるかわからない、厄介で恐ろしい存在」であるとして、"マスタード・ガス(カラシ野郎)"というニックネームで呼ばれた。これはまた、ジョウのパーソナルカラーでもある黄色にも、由来している。


ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット4

ライフル
標準的な携行武装。後に開発されるモビルスーツ、GM系の武装に導入されるブルパップ・マシンガンの原型であるとも言われているこの頃のマニュピレーターの保持能力はあまり良くなかったため、鉄尾に上腕をホールドするための固定具が設けられている。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット5

マシンガン
八州重工製の火器で、他の武装と同じく実弾を発射する。"スミス海の戦い"で対峙したMS-04プグも装備していた、因縁の兵器である。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット6

ミサイル・ランチャー
肩部に装備する、プション武装のひとつ。本来のキットとは違い、気体職になじむよう、弾頭にはオリジナルの塗装が施されている。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット7

低反動キャノン砲
ガンキャノンの標準主兵装。RTX-65ガンタンク初期型の大口径砲よりも、砲撃の反動が抑えられている。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット8

4連装機関砲
RTX-65ガンタンク初期型にも装備されていた武装。対地・対空どちらにも有効であるほか、好みに応じて左右、どちらの腕にも取り付けることができる。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット9

パイロット:ジョン・マケイン
かつて、ジョウ・サイモンが使っていたとされるガンプラを操る謎のビルダー。その戦闘スタイルも恐ろしく似通っているが…はたして彼は、誰ジョウ・サイモンなのか!!?

※本来はGBFの二次創作に登場する機体なので、GPベースで撮影すべきなのですが、生憎と手元になく…そのうち、GPベースで撮影し直したいな…。


ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット10

実はこのガンプラ、数年前の作品だったりします。この当時はまだ、ガンスタも利用していなかったのです。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット11

シャインシルバーが市場に出回る前に製作した作品なので、この当時作っていたGM系などのカメラアイはほとんど、ガンダムマーカーシルバーで塗装していました。面倒くさいけど、塗装しただけ見た目はやはり変わります。ここは、毎度のこだわりポイントです。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット12

ジョウさんは、黄色が好きなこともあり、配色もちょうどよい作品となりました。このガンプラの名前の由来である「BM」は、確か当時彼が載っていた車だったような気がします(覚えてない…)。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット13

ガンプラのグレーといえば、大抵はガンダムマーカーグレーですが、このキットの要塗装個所に使うべきは、ガンダムマーカーメカグレーだったりします。なので写真のシールドはこの後、全て塗装し直す羽目になりました。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット14

作中では初期型でも、ガンプラとしての可動範囲の進化はすごいなと感じました。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット15

思いのほか、塗装個所は多いですが、モールドが細かいだけ、完成した後のディティールの細かさを見ると、達成感はひとしおです。非常に、良いキットだと思います。

ガンキャノンBM(ジョウ専用ガンキャノン初期型) アピールショット16

"ガンキャノン 機動試験型 / 火力試験型"は、"ガンキャノン 最初期型 (鉄騎兵中隊機)"の後に出たキットなので、頭の"つば"の部品は、余剰だったりします。ただし、機動試験型 / 火力試験型は、ランナーの金型のスイッチの切り替えによって鉄騎兵中隊機の頭のパーツは入ってないので、どうしても鉄騎兵中隊機のキットが必要になるのです。

  • サイトの埋め込み
ジョウさん(@23_jor23)の誕生日を祝して投稿します!ジョウさん専用ガンキャノンです!お誕生日おめでとう!!

コメント0件

部分塗装と無加工による#純正改造で制作をしています。

関連ガンプラ作品

2021年最新作
2021年最新作