GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

全呪解放・・・加減は無しだ

全呪解放・・・加減は無しだ

悪魔と契約したギラーガは煌・ギラーガとなった。
しかし本機が契約したのは悪魔では無くとある異世界の狂戦士であった────。

xvt-ccc:狂・煌蒼牙(バーサーク・ギラーガ)
クー・フーリン/オルタの霊基を宿したギラーガである。

抉り穿つ鏖殺の槍(ゲイ・ボルク)。
本機の持つ主兵装である。
ルーン魔術によりビーム粒子を宝具の形に固定している為投擲兵器としても使用可能。
放たれれば過程を無視して「直撃した」結果を引き寄せる因果逆転の効果も健在である。

他兵装を持たない本機にマスターが与えたサブ兵装:ギラーガビット《ダガー》。
可動式スタビライザーに格納しビット機能により射出・・・するのだが余り使われる事は無い。
エネルギーの続く限り生成が可能な宝具があるのだから仕方ない。

サブ兵装:ビームバスター《アンサス》。
ルーンの加護を上乗せした三門の収束レンズより放たれる高火力の内蔵型ビーム砲。
しかし宝具へのエネルギー供給が大半を占める為宝具展開中は撃つことができない欠点を持つ。

ギラーガの高い機動性・火力をルーンの加護により増幅させた機体である。
しかし契約した英霊の持つ高い霊基により操縦は不可能。搭乗者との意思疎通により機体が自動戦闘を行う。
本機は相手を殺すための存在であるという考えがあり、それ以外のことについては関与しない、という強い意志を持つため、不可能ではないと思えるのならばどんな無茶な命令にも逆らわないが、戦闘に関する内容以外の命令には全く応じない。
まさに名称のとおり狂戦士である。

最終兵装:噛み砕く死牙の獣(クリード・コインヘン)
本来掌部に内蔵されているビームバルカンとしての機能はオミットされ、代わりに搭載されたのが本兵装である。
敵に突き刺すと、そこを基点に四方へ無数の棘が伸びるという、ゲイ・ボルクそのもののような性質も備えている3本の爪。
フード型装甲を取り払い最大稼働時のみ使用可能な奥の手である。

上記の設定を捏造しつつクー・フーリン/オルタをイメージして煌・ギラーガを改造しました。
主な改造点はジャンクパーツ多数による盛り付けです。
胴体廻りのルーンを描くのはパーツが小さくて大変でした(・_・;)
ヴェイガン機の特徴である赤スリットは一部切り開き眼球を貼り付けました!

頭部にはオルタニキの特徴とも言えるフードを。
背中には0.3mmプラ板をトーチで炙ったマントを着けました。
首廻りの赤モフは塗装で代用してトゲトゲについてはフェギュアスタンドアームを削り込んでビームサーベルの先端で盛り付けしてます(・∀・)

マントの裏地は艶消しブラックと余ったパテを用いた赤いラインで( ´∀`)b
腰アーマーの基部の肉抜き穴が目立ったので角ダクトで蓋しています。
足もつま先パーツを踵に持っていきハイヒールに。つま先は何かのパーツに踵の爪を刻んだものを盛り付けました。

フード基部には可動軸とイリジウム磁石を用いているのでポージングに余裕があります。
因みにコレ、1/100サンドロックカスタムの肩アーマーと思われます(・□・;)

邪魔な耳(?)はスッパリ切ってスマートに。
角は某1/100アーマーシュナイダーを削り込み接着!
某ヒートホーンみたいな使い方もできるかもしれない・・・?

可動式スタビライザーの邪魔にならないよう首廻りの赤トゲも稼働するのですが余り出番無し(´・ω・`)

フード廻りの白いラインは要修行ですな・・・。
プラ板で垂れと合わせて作っておくべきでした(´・ω・`)

素体仮組。この時点では方向性が全く決まっておらずコンテストの期日が迫る中悩んでばかりでした(笑)
コンテスト開催告知の翌日に本体買って組立開始したのに日にちだけが過ぎてゆく・・・(´;ω;`)

コンセプトが決まってからも付けては外しの繰り返しで漸く本日完成いたしました!
評価の程よろしくお願い致します!!ヽ(・∀・)ノ

何気にお気に入りの背面写真で締めと致します(´ー`)/~~

クー・フーリン/オルタ型ギラギラ、漸くダイバーズコンに参戦です! 評価していただけると狂喜乱舞致します(笑)

コメント8件

  1. あのメイス 10か月前
    • KeN 10か月前
  2. 1年前
    • KeN 1年前
  3. 1年前
    • KeN 1年前
  4. @Vfr781F 1年前
    • KeN 1年前

KeNさんがお薦めする作品0件

  • ユニコーンガンダム(光の結晶体)

  • 全呪解放・・・加減は無しだ

  • 冷静に考えろ、お前どこ出身!?