HGUC ナイチンゲール
  • 2188
  • 2

HGUC ナイチンゲール

新生ネオ・ジオンが開発したニュータイプ専用MS。総帥であるシャア・アズナブル専用機として全身が赤系統で塗装されている。小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、及び『CCA-MSV』に登場する。オリジナルデザインは出渕裕。

機体設定が2種類存在するが、デザインはどちらの設定も共通している。初出は、富野由悠季による1988年刊行の小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』。この小説は映画の初期プロットをベースにしており、作中にサザビーは存在しない。その代わりに、小説では本機にシャアが搭乗する。一方、後に映画『逆襲のシャア』の内容に沿うよう「サザビーの強化発展機」として設定変更したうえで『CCA-MSV』(逆襲のシャア・モビルスーツ・バリエーション)の機体としても分類されている。

HGUC ナイチンゲール アピールショット1

本機はMSだが、そのシルエットはMAにも近く、サイコフレームの導入によってMSサイズでありながらニュータイプ専用MA並みのスペックを獲得、各部に配置されたバーニアスラスターにより高い運動性と機動性を獲得した。計5基のプロペラント・タンク(後部アーマーに2基、背部に3基)が接続されており、稼働時間の延長と生存性の向上が図られている。サザビーよりも頭頂高がやや低く、体勢も前傾姿勢で、胴体部は前後に伸びるように大型化されているほか、四肢の関節もシーリングで覆われている。巨大な背部バーニアバインダーはファンネル・ポッドを兼ねており、α・アジールのものを小型・軽量化したファンネルを10基搭載している。また変形することで高速飛行モードに移行する。肩部アーマーにはバーニアが内蔵されており、サザビーの肩部側面の可動式スラスターを大型化したような形状である。スカートアーマー内には、グリプス戦役時代の重MSジ・Oにも装備された隠し腕(接近戦用マニピュレーター)が仕込まれており、MAクラスの巨躯でありながら近接戦闘能力も高い。シールドはサザビーとほぼ同一形状のものを携行。

HGUC ナイチンゲール アピールショット2

武装(ナイチンゲール)

当初はメガ・ビーム・ライフルとビーム・サーベルおよびファンネルのみとされ、ゲームなどで登場する際には独自設定として胸部にメガ粒子砲が存在し、シールドにサザビーと同様にミサイルが装備されている場合があった。しかしその後、プラモデル「RE/100 1/100 ナイチンゲール」においてシールド裏にビーム・トマホークとミサイルが配置され、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』においてはさらに腹部のメガ粒子砲の存在が描かれるなど、サザビーと同様の豊富な武装とギミックをもつ機体としてあつかわれるようになっている。

HGUC ナイチンゲール アピールショット3

胸部バルカン砲

中〜近距離用の実体弾を発射する。

ビーム・サーベル

通常のビーム・サーベル。サザビーと同じく両手首に格納される。隠し腕を使用することで計4本のビーム・サーベルを同時に使用可能。

マイクロミサイル

シールド裏面に3発装備する。ターゲットを光学的に認識し、追尾可能。

HGUC ナイチンゲール アピールショット4

シールド

サザビーのものとほぼ同一の武装。ガンダリウム合金製であり、裏面にビーム・トマホークとマイクロミサイルをマウント可能。

隠し腕

(接近戦用マニピュレーター)フロントスカート内に格納されている。腹部メガ粒子砲通常は装甲に覆われており、カバーを展開して使用する。

大型メガ・ビーム・ライフル

収束と拡散ビームを任意に切り替え可能。拡散ビームは散弾状に連射も可能。長距離精密射撃のためのバイポットを備え、射撃時にはスタビライザーとしても機能する

HGUC ナイチンゲール アピールショット5

ファンネル

背部のファンネル・ポッドに計10基装備する。α・アジール搭載型の大型ファンネルをリサイズしたもの。大型コンデンサーを内蔵し[39]、円筒タイプのものより威力と稼働時間に優れる。ファンネル・ポッドでのエネルギーとプロペラントの再チャージも可能。

HGUC ナイチンゲール アピールショット6

設定解説(ナイチンゲール)

本機はMSだが、そのシルエットはMAにも近く、サイコフレームの導入によってMSサイズでありながらニュータイプ専用MA並みのスペックを獲得、各部に配置されたバーニアスラスターにより高い運動性と機動性を獲得した。計5基のプロペラント・タンク(後部アーマーに2基、背部に3基)が接続されており、稼働時間の延長と生存性の向上が図られている。

HGUC ナイチンゲール アピールショット7

肩部アーマーにはバーニアが内蔵されており、サザビーの肩部側面の可動式スラスターを大型化したような形状である。スカートアーマー内には、グリプス戦役時代の重MSジ・Oにも装備された隠し腕(接近戦用マニピュレーター)が仕込まれており、MAクラスの巨躯でありながら近接戦闘能力も高い。シールドはサザビーとほぼ同一形状のものを携行。

HGUC ナイチンゲール アピールショット8

デザインと設定の公式化の経緯

初出は、劇場アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の初期プロットをもとに監督の富野由悠季自身がノベライズした小説「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」[27]。初期の企画案をもとにしているため、ナナイ・ミゲルは「メスタ・メスア」、ギュネイ・ガスは「グラーブ・ガス」などと実際の映画版とは名称が異なっており、サザビーも同様に小説では「ナイチンゲール」となっている。この小説の口絵に出渕裕によるナイチンゲールのモノクロのイラストが描かれている[28]。出渕は「ナイチンゲール」という名前の響きから、劇場版のサザビーそのままでなく、モビルアーマー的にアレンジしたと語っている[29]。そのため、サザビーに似ているところがありながらも、より巨大で威圧的なフォルムとなっている[27]。その後、人気が出たためにガレージキット用に出渕裕が新しい全身図の設定画を描き起こし[26]、B-CLUB誌でカラー画稿が掲載された。その後、模型となったり、ゲームに登場したりすることでデザインもより細かく描かれるようになり、認知度が上がって公式化されていった。2014年にはガンダムエースにて小説のコミカライズである漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』が連載開始となり、新たに柳瀬敬之による作画用にディテールが加えられたデザインが描かれた

HGUC ナイチンゲール アピールショット9

コメント

  1. GARB 2か月前

    キャンディー塗装とても綺麗で美しいです!

  2. モニ&パオ 2か月前

    やっぱりナイチンゲールはメタリックレッドですね😊

17
MG エクリプスガンダム

MG エクリプスガンダム

9
HG ガンダムハルート

HG ガンダムハルート

アリオスガンダムをベースにGNアーチャーとザンライザーの設計…

9
RG フリーダムガンダム

RG フリーダムガンダム

鹵獲された初期GAT-Xシリーズのデータを基に開発された、ザ…

11
MG ガンダムアストレイブルーフレームD

MG ガンダムアストレイブルー…

『DESTINY ASTRAY B』に登場。ダンテ・ゴルディ…