GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ターンK

ターンK

ターンXのテクノロジーとモモカプルの可愛さを兼ね備えたモビルスーツ!!
それが“ターンK”だぁ!!
もちろん!パイロットの御大将もプチカプルで再現してます。

ターンKとプチ御大将。
モモカプルと旧キットのターンXのミキシングで制作しました。

側面と背面。
ターンKはターンXと同じく左右非対称にしています。

今回の拘りポイント!!
コックピットの開きかたです。
ターンKの後頭部にある飾りがあると、しっかりと開かないのです…

そこで!

飾りを“可動式”にすることで、しっかりとコックピットを開けることが可能にしております!!

これでプチ御大将も無理なく乗せることができ、原作に近いコックピットオープンを再現することができます。

プチ御大将
目付きは恐い感じに。服の模様はニードルで掘りました。髪は練りパテ。画像はありませんが、白ちょんまげは取り外し可能。

シャイニングフィンガーソード!!
で!あるっ!!
シャイニングフィンガーソードは透明プラ板で制作。

ターンXといえば分離!!
そしてモモカプルの変形!!

ベースがモモカプルのため、腕と背面を分離させ、ターンKトップモードに変形。このモードになると、機体全体にIフィールドを展開可能という設定。見た目はヒレの大きな金魚のようになります。(画像はありませんが、足も分離可能です。)

そして!!
ターンタイプといえばもちろん!!

月光蝶! で! あるっ!!

これができなきゃ、ターンタイプとは言えないっ!!

足はパテで接着。右腕は、当時取り外せるようにするために、一回切断してます。

頭の触角はプラ板で整形。

カプルのお腹…の、見えないところ。
“未知のメカニズム”をイメージしてプラ板を無造作に張り付けてます。

塗装前。塗装に入る前にガシガシ遊んでみて、物足りない部分が無いかの再確認。

シャイニングフィンガーソードは、プラ板5枚を張り付けて、しっかり硬貨してから加工。

加工するとこんな感じ。
エフェクトの加工は初めての事だったので、結構苦労しました。

オマケ。実はプチ御大将も月光蝶が出せます(笑)

これが私のモモカプルです。 GBNの世界が本当にあったら、この機体で色々な世界を巡りたい。

コメント9件

  1. ともなおZ 1年前
  2. ΔⅡ 1年前
  3. マツタケ! 1年前
  4. 東雲NT研究所 1年前
  5. korou 1年前
  6. tar0409 1年前
    • ニシザワ3 1年前
  7. ROAD-C 1年前
    • ニシザワ3 1年前