MG 量産型百式改
  • 1376
  • 0

MG 量産型百式改

MGの量産型百式改(訳アリ)です。プレバン限定品ですが、今回の百式改はちょっと訳アリです。
 そもそも今回キットを購入したのはメッキが無い百式Ver,2.0が欲しかった訳で・・・改のパーツが付属しても尚、メッキの一般流通品よりお安い価格設定で、塗装派にはとても良いキットなんですが・・・・・
 丸々余る新規追加部品を見る度に心が・・・・・と言う訳で、再利用しました。試しにVer,1.0に改のパーツを組み込んでみたら・・・何とかなりそうなので、早速何とかしてみました。

では製作です。まずは仮組状態。頭部と肩に改のパーツを取り付けました。 特別難しい加工も不要で簡単に製作出来ます。  但し、Ver,1.0が少々古いキットなのでプロポーション含め若干の不満もあります。今回は元々百式として製作途中のキットに改のパーツを組み込む関係で 作業済の改修点はそのまま製作します。
まずはボディ。この頃のMGはまだまだ旧キット同様の癖が残っており、ガンダムタイプは総じて寸胴傾向にあります。本来は胸部から徐々に伸ばすのが理想ですが、膨大な作業量になる事から簡易的に腹部で延長しています。
スリッパも百式のキットは伝統的にデカいのでエッジに沿って切り離し小型化しています。腹部とスリッパの改修で1.0もかなり見た目が向上します。 ちなみにこの2点の改修ポイントはメッキを活かしたままで出来る作業なので、 メッキ仕様の1.0を製作する際にも適用出来ます。
 このキットは股関節が弱く、内側に補強のリブがあるものの強度不足で何度か バラしていると付け根の樹脂が白化して最後には破損してしまいます。
強度UPの為、内側のリブを一度全て削り落とします。
そこに全面が密着する様にプラ材を接着し全体を一体化します。 これで強度が格段に向上し、何度バラしても破損する事がなくなりました。
下処理が完了したら表面処理をして塗装していきます。 まずは下半身から
ちょっとスリッパの加工跡が目立ちますな。後程時間を見て修正します。
ゴールドがほぼ塗り終わりました。今回は百式2.0と色を合わせる為にガイアノーツのブルーゴールドで統一しました。
武器関係を塗装したら完成です。
  • サイトの埋め込み

コメント0件

MGを中心に製作している会社員です。ガンプラ発売時から作り続けて今年で40年!キャリアだけは長いですが、デキが伴わないです。 ファースト世代には珍しく、初代~Gレコまで全肯定派です。

MG ジェガン

今回はヘアスプレーを使用したチッピング塗装のテストの為、量産機、単色、…

MG ドワッジ改

先日のドワッジに続いてドワッジ改です。 8年も使っていた割に全く砂漠仕…

MG GMスナイパーカスタム

GM三部作のラスト、スナイパーカスタムです。

MG GMキャノン Ver,2.0

 GM三部作の2作目、GMキャノンです。 北米戦線仕様を購入しましたが…

関連ガンプラ作品

ガンダムアストレイ レッドフレーム セカ…

ブルーフレームセカンドLをレッドフレームに塗装しました レッドフレーム…

HG 1/144 ガンダムサバーニャ

カーボンブラックマットを黒の部分に使いました。 グレーは何色か合わせて…

アストレイ・ファイリー

MBFーP??   アストレイ・ファイリー       ある…

ガンダムシュバルツリッター

ガンダムシュバルツリッター完成しました! 大剣に一目惚れして購入しまし…