GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンキャノン(ベストメカコレクション)

ガンキャノン(ベストメカコレクション)

ツイッター上の企画で学生モデラー卒業制作2019、というものがあり、そちらに向けて制作していたものです。ベスメカのガンキャノンを作るのは(記憶が正しければ)4度目でしたので、今の自分に出来そうなことをあれやこれや頑張ってみました。

俯瞰気味のアングルより。
後ろ姿。こうしてみると、頭部のアンテナはも少し削り込んでも良かったかもしれませんね。
胴体に関節軸を仕込んで、少しですが前傾姿勢を取れるようにしてみました。関節を仕込むだけでは隙間ができてしまうので、胴体内側にプラ板で覆いを作り、前傾時に軸が見えないようにしています。
前傾姿勢が取れると、キャノン砲も自然に構える事ができる…できてますでせうか?
肘と膝の関節以外は全てポリ関節に置き換えたのですが、元が元ですのであんまし動きません。ずんずん歩く様は中々良い感じになった気がするのですが…
ビーム・ライフルを構える。(旧キットのパッケージ風に)
製作時に地味に困ったのが、背部の二本の筒でした。スラスターなのかキャノン砲の排気ユニットなのか弾倉部なのか、いまいちわからなかったのです。
設定画を見ると、筒底面に4連のバーニアの様なものがありましたのでそちらに倣って適当に拵えております。
キットはそのまま組むと、上半身がやや大きく感じてしまいましたので、それに合わせて下半身のボリュームを増やす方針で行きました。そのため腰アーマーや太腿の延長を行ない、全体の帳尻を強引にあわせております。
上半身は肩の接続幅を縮め、頭部などに少しずつ手を加えました。
ライフルはランナーで銃身を延長、スコープをG30のガンダムから移植しています。キャノン砲はそのままだと先がほっそりなので、先端のみhgucより頂いております。
関節はこんな塩梅に仕込んでいます。
ストレートに組んだ物との比較。気付けば身長が伸びていました。

…実はまだこのキットのストックがあるのです……

コメント0件