Hyu
ガンダムデスサイズ
  • 820
  • 0

ガンダムデスサイズ

旧キット改造 HG風のガンダムデスサイズ です。
まもなくHGACの新作で発売されるガンダムでしたが発売前に
なんとか形にできました。
旧キットとHGACのウイングガンダムのミキシングになります。
拙い作品ですがよろしくお願いします。

ガンダムデスサイズ アピールショット1

作成はHGACのウイングガンダムベースで素体を組み、
その上からデスサイズのパーツを被せました。

【頭部】
フェイスはウイング、頬にプラバンを挟み隙間を埋めてます。
アンテナをシャープにし、平べったい状態から角度を変更して付け直し。

【胴・バックパック】
ウイングの胴周りにデスサイズの前面パーツを取り付け。
ウイングの肩関節を残したので背面はデスサイズでカバーできず、
エポパテで成形しました。
バックパックはジャマー部分を分割し、可動できるようにしました。

ガンダムデスサイズ アピールショット2

【腕】
二の腕から関節はウイングそのまま。前腕はデスサイズのをくり抜き。
肩もウイングの肩パーツを流用して内部に埋め込んでいます。

【脚】
何気に一番手間を掛けました。
腿から関節まではウイングを使いましたが、膝からふくらはぎと、
アンクルアーマーをきれいに切り分け、ウイングの脛を組み合わせ。
足もつま先はデスサイズ、踵はウイングになってます。

ガンダムデスサイズ アピールショット3

【武装】
ビームサイズはレジンでクリアパーツ化。
バスターシールドは先端をシャープ化。ビーム刃もレジンでクリア化。

実は着手から完成までえらく間を空けた作品です。
コツコツやってましたがステイホーム期間でブーストがかかり、
また最新フォーマットでプラモ化の情報が出てしまい、
向き直って仕上げた作品です。

ガンダムデスサイズ アピールショット4

OP再現風。これがやりたかった(笑)

ミキシング、パーツ複製(クリアパーツ&破損修理)、エポパテ成形と
かなり達成感のある内容になりました。TV版の初期機体は思い入れが
ある機体なので懐かしい気分に浸りながら、作成しました。
また初挑戦がたくさんあり、日々出来上がっていく様子を
楽しみながら形にできました。

合わせ目消しや塗装のポカなどまだまだなので精進していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

ガンダムデスサイズ アピールショット9

ちょうど残ってたので脚の加工風景です。
旧キットだとアンクルアーマーが脛と一体になっているので、
デスサイズ側をふくらはぎのラインでカットし、ウイングの脛を
継ぎ足していました。

ガンダムデスサイズ アピールショット10

TV放送当時に買って作った当時品が残ってたので比較。
当時品は角・肘の軸が折れてしまってました・・・
再販キットで無事に転生させてあげられました(?)
当時の私にめっちゃかっこよくできたと教えたいです(笑)

こうやってみると、小顔に怒り肩、腹部延長、足の延長というポイントが
今風なのかなと思います。

ガンダムデスサイズ アピールショット11

残るはシェンロン。ガンダム5機並べられるよう頑張ります(笑)

コメント

6
シェンロンガンダム

シェンロンガンダム

旧キット改造 HG風のシェンロンガンダム です。HGBDジー…

6
リーオー

リーオー

HGAC リーオー です。Wシリーズの敵量産機ですね。こちら…

4
マグアナック

マグアナック

HGAC マグアナック です。Wシリーズの味方量産機というこ…

5
ウイングガンダムゼロ

ウイングガンダムゼロ

HGAC ウイングガンダムゼロ です。ド直撃世代のガンダムで…