GUNSTA

コピーできました!

RX-78計画のマスターピース

RX-78計画のマスターピース

EGガンダムです

本体は無改造でハンドパーツのみ新規で自作してます

今回は今まで使っていなかったフィニッシャーズの塗料を使用して作成しました

EGガンダムは安価なので軽く作るのに最適…古事記にも書かれている。

RX-78計画のマスターピース アピールショット1

フロント

ロールアウトカラーではありますが、一部カラーパターンを変更してます

RX-78計画のマスターピース アピールショット2

リア


RX-78計画のマスターピース アピールショット3

今回は塗装メインで特別にやった事は特に無いですが、肉抜き穴の処理とスネの合わせ目消しはやってます

RX-78計画のマスターピース アピールショット4

フィニッシャーズの使用箇所は白と赤の部分

銀はガイアカラーです

RX-78計画のマスターピース アピールショット5

ハンドパーツは3Dプリンターでの自作

武器無しの上に穴開き握り拳ではカッコがつかないのでここだけはちゃんと作りました

RX-78計画のマスターピース アピールショット6

サーベル刃はジャンクパーツの中にあったものを使用

何についてきたやつなのかは記憶に無い

RX-78計画のマスターピース アピールショット7

側面

細部の塗装はシタデルカラー

水道水で希釈できる部分塗装向けの塗料

それなりに他の塗料より高いけど部分塗装向けなので消費量が少なく2年近く使っても半分も無くなってない上に、臭いがなく速乾ではみ出しても爪楊枝や水につけた綿棒で擦れば簡単に処理できるのでオススメ

RX-78計画のマスターピース アピールショット8

サーベル持ち手は親指掛けてる派

RX-78計画のマスターピース アピールショット9

EGガンダムは00年代初頭辺りの顔寄りなので割と好み

目の塗り分けは正面部分だけ黄色を残し、目のパーツと赤の隈取の奥の方を黒で塗り切ってしまうと綺麗に黒の蓋ができます

RX-78計画のマスターピース アピールショット10

ロールアウトカラーってポケモンのプレミアボールみたいな感じあるよね

RX-78計画のマスターピース アピールショット11

こいつが500円って恐ろしい時代

RX-78計画のマスターピース アピールショット12

自作したハンドパーツ

とりあえずでいくつか作ったもののポージングが特別決まる訳でもないので全部は使いませんでした

RX-78計画のマスターピース アピールショット13

ヤスリ前

肉抜き処理もしてません

RX-78計画のマスターピース アピールショット14

塗装前

ガンダム立像って確かこんな感じだった

RX-78計画のマスターピース アピールショット15

塗装後

フィニッシャーズは発色がとてもいい塗料だけど、専用シンナーとファンデーションという専用サーフェイサーが揃って真価を発揮するので純色塗りに特化してる印象

グラデーションとか汚しする前提の塗装にはあまり向いてないかも

RX-78計画のマスターピース アピールショット16

注意点としては

希釈の比率の都合上、下地の隠蔽力も特別高い訳ではないのでそれなりの下準備が必要

加えて、フィニッシャーズカラーはカーモデル向けの塗料なので色の種類がそこまで多くないのでガンダムなどのキャラクターものを完全に塗り分けるにはガイアカラーなども併用する必要がある

フィニッシャーズは所謂完成された塗料というやつなので調色には不向きなのは特に気をつけた方が良さげ

だが、それ以上に発色が良く、特に光沢仕上げにおいては他のラッカー塗料より頭ひとつ抜けているので上手いこと組み込むと塗装のレベルが上がりそう

  • サイトの埋め込み
連邦脅威の資産力

コメント1件

  1. げふん 3か月前

気まぐれモデラー たまに変なのも作る GBWC2018、2019一次予選通過 秋葉原を中心に作品の展示やイベント参加したりしてます YouTube、ニコニコ動画でプラモの製作、作り方講座、テクニックの紹介の動画やってます

関連ガンプラ作品

  • rating_star40
  • rating_star36
  • rating_star74