GUNSTA

コピーできました!

RX-78-2ガンダム(ジオン鹵獲機)
  • 8200
  • 0

RX-78-2ガンダム(ジオン鹵獲機)

昨年作った「もしジオン軍がガンダムの奪取に成功していたら…」のif機体

ガンダムのオプション武装はサイト7から持ち出せておらず、
ビームライフル、ビームサーベル、シールド以外の携帯武装は奪えていなかった
代わりに当時ジオン公国のプロパガンダ映像「キャプテン・ジオン」に登場する武器「ジオニックソード」を新造して背負わせた

ただしこのジオニックソードに関して現場からの声は
「背負うと質量が背中に集中していてバランスが悪い」
「連邦の戦闘機を斬るのにこんなデカいの要らん」(ビームサーベルは好評の模様)
「戦艦を斬るなら適任だろうけど、そこまで接近出来たらもうブリッジに向かってライフル一発でいいんじゃね?」
「ただのデッドウエイトで草」
などなど、散々のようだった

RX-78-2ガンダム(ジオン鹵獲機) アピールショット1

実際、指示した上層部も
「連邦製の高性能モビルスーツがジオンを象徴する大剣を持つことによってもたらす士気上昇」だけを期待したのである
要するに本当にプロパガンダ用なモノ

だがそれでもこの機体に乗ったパイロットには気に入れられたようだ
大剣を振り回しながら戦場を駆けるこの機体を
人々は「ジオンのソルジャー」と称するようになったのだ

RX-78-2ガンダム(ジオン鹵獲機) アピールショット2

キットはエントリーグレードです
改造は:

  • ジオニックソードをノーネイムライフルに付属されたジョイントパーツで背中にマウント
  • フンドシのVマークを埋める(連邦要素消し)
  • 盾の十字を埋める(連邦要素消し)
  • 大剣を持てるように手首はビルドハンズに換装

あとはザクカラーに塗るくらいです

  • サイトの埋め込み

コメント0件

方針は大体「ワンオフ機は原作再現、量産機はカスタマイズ」になる。改造は磁石とLEDを仕込むことが多く、逆にスジボリ、プロポーション調整などは全くと言っていいほどしない。肉抜き埋めや合わせ目消しは極力するけどデカールは少量に控える方向です。前は携帯型エアブラスで室外塗装していたけど、昨年からはコロナのせいで外出を控えて、代わりに筆塗りにしました。ちなみに日本語は通じるけど香港人です。

2021年最新作

関連ガンプラ作品

  • rating_star33