SDEX ウイングガンダムゼロ
  • 528
  • 0

SDEX ウイングガンダムゼロ

かなり久しぶりのガンプラ製作の題材として選んだのは、発売されたばかりの『SDEXスタンダード ウイングガンダムゼロ』。無加工・スミ入れ・部分マーカー塗装・シール全部使用で仕上げました。
…いえ、決して同じ日に某ティアーシャが買えなかったからというわけでは…

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット1

全然写ってないですが、翼や腰の青くする部分は内側まで全部塗ってからシールを貼る、というやや無駄な作業をやりましたが、自己満足度は高まったのでこれで良しです。
他は手やバーニア、翼の内側のメカ部分をガンメタリックで染めています。
ツインバスターライフルの指定色は本来グレーですが、濃い青のプラに負けずに塗装できなさそうだったのと、青地に黄色のシールが映えててこれはこれでいいかなと思い、先端を塗っただけで後はスミ入れのみで仕上げました。

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット2

ビームサーベルはメタグリーンで。
シールドは白プラなので根性入れれば塗れたような気もしますが、実力を考えて今回は回避。

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット3

ローリングバスターライフル(片手)。
派手なアクションが取れる関節構造ではないので、これは精一杯です(汗)。

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット4

これを買ってきた真の目的はこっち(笑)。
ガールガンレディは丸軸の物しか持たせられない(ガンプラや30MMの四角いグリップは入らない)のですが、持てそうなSDEXの銃はこれまでペラペラだったので買うのを躊躇してました(汗)。

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット5

でもこの厚みなら持たせても様になる!(笑)
これで「互換オプションパーツセット」を買えなくてもしばらく遊べそうです(汗)。

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット6

SDEXシリーズの売りであるオリジナル武器機構ですが、大きさやデザイン的にも下手にHGのガンプラに持たせるよりも似合うとは思ったのですが、なにぶん重くて関節が負けます(泣)。

SDEX ウイングガンダムゼロ アピールショット7

ということで無理矢理支えて一枚。

何だか半分は(バンダイ製とはいえ)ガンプラの話をしていない気もしますが(大汗)、それだけこのキットのプレイバリューの高さゆえ、ということで許してください。実を言うと『ガンダムW』は放映当時そこまではまらなかったのですが、こうしてキットを組み上げてみると愛着が湧いてきています。
プラモデル初心者から塗装上級者まで、それぞれ楽しみがいのある良いキットだと思います。いつか全塗装してみたいですね。

安くて遊べて作りがいがある、これは良いものだ…!

コメント

5
アドバンスドガンダム

アドバンスドガンダム

RX-78 ガンダムの追加装備形態として提案されたこの「アド…

4
SDCS シスクード

SDCS シスクード

セール品扱いだったシスクード(ティターンズ版)を買ってきて、…

4
EGペインターガンダム

EGペインターガンダム

智恵子はライトパッケージ版には武器が無いといふ私は驚いてダイ…