AGX-04P GERBERA REX
  • 757
  • 3

AGX-04P GERBERA REX

AIとの連携戦術を試験する為に作られた実験機。背部にAIが操作する支援機“UM-117E ORSETTO”を搭載している。そのまま高火力にて単機での戦闘も可能だが、分離してパイロットとAIでの連携による戦闘を最も得意とする。

ORSETTOを背部に搭載した姿。高火力攻撃や高速での長距離移動を得意とする。
搭載時の後ろ姿。まだ試験機の為小型化に成功しておらず、かなりサイズが大きくなってしまっている。それによりサブブースター及びプロペラントタンクが多数取り付けられている。
分離後のORSETTOの姿。クマのような形は完全に開発者の趣味。AIはニュータイプが関係していると思われる戦闘データをメインに蓄積させている為、かなり高次元での戦闘を可能にしている。パイロットと試験を繰り返している内に意図せずだが自我が芽生え始めてる様子が最近伺える。
ORSETTOは飛行モードに変形も可能。AIの任意で変形する。因みに今更だがORSETTOの読みはオルセット。イタリア語で小熊という意味。
分離後のガーベラの姿。オルセットとの連携攻撃に対応する為に高速での戦闘に特化している。シナンジュの予備パーツを各所に使用している。
分離後は背部もスッキリする。補助ブースターやプロペラントタンクも使用後は切り離して廃棄することも出来るが、廃棄後はオルセットと再合体は出来なくなる。
ガーベラはコックピットハッチ開閉可能。
GBWC初参加でファイナリストに選んで頂けた時の記念撮影。初めてエアブラシで塗装した作品でもあり。色々考えさせられた。モデラーとして大きく成長出来るきっかけとなったなー。
プチッガイをどうしたら宇宙世紀の世界観に落とし込めるか。というのがメインテーマだったけど結果どこまでいってもプチッガイはプチッガイだった、、、
プチッガイの頭の中は旧キットのターンXが入ってるんだけど、、、もうほぼなんだか分からない、、、
これ作ってる時に初めて後ろにもモノアイがあるのを知った、、、必要?と思ったけど気付いたら可動化させてた。
スカスカだったブースターの裏を頑張ってゴチャゴチャさせたのに完成したら全く見えなくなった。
初めてのバーニアの焼け塗装。なんかこの時が1番上手く塗れた気がする、、、
台座のデザイン。実は下の英語はローマ字で変なことが書いてある。
  • サイトの埋め込み
昔の何かと思い出のある作品。自分を成長させてくれた作品なのでお気に入りだけど今みると酷いなぁwww

コメント3件

  1. Jean-luc Martel 4か月前
  2. テラ🌏 2年前
    • ぽよん 2年前

ガンプラ大好きぽよんです☆ のんびりマイペースでガンプラ作り楽しんでます! ぽよんステータス(自己分析10点満点) 工作力 5 塗装力 3 仕上げ力 2 センス 4 ひらきなおり 9 必殺技 スーパーフリーハンド筋彫り

RX78-2 GUNDAM ORIGIN…

オリジンガンダムの中期型を基本としてシャアザクとの最後の決戦仕様をイメ…

RX77-2F ガンキャノン 最終決戦仕…

とにかくカッコイイガンキャノンを目指して作りました。そもそもそんなに思…

SDCS ナイチンゲール Ver.Po

ナイチンゲールに釣られて初めてSDCSに手を出しました。中々素組みでも…

MSZ-006C1 ZETAplusC1

大好きなMSのひとつ、ゼータプラスを作りました。その中でもやはりC1が…

関連ガンプラ作品

ASTRAY's GOLD &BLUE

MGアストレイを缶スプレーのみで仕上げました。

コアピットの作り方

コアガンダム+コックピット=コアピット

1/100RX-78F00ガンダム

プレミアムバンダイで購入した1/100RX-78F00ガンダムついに完…

MG ガンダムマークII ver.2.0…

MG ガンダムマークII ver.2.0 アムロ機として製作しました。…