GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

白い死神~LIGHT RAZE~

白い死神~LIGHT RAZE~

過去のグレイズコンテストにて制作したコルレル風グレイズです!

この度もちぞら模型店さんの動画にて作品を紹介して貰える事になったので
近年作った中でも特にお気に入りのこの子を投稿します(^^)

かつて厄祭戦を終結に導いた英雄達は戦後の混乱を収める為にギャラルホルンを組織した。

だが武力により他の武力を淘汰し、世界を監視するその姿勢は多くの反抗勢力を生む事になる。
その反抗勢力の中にはかつて共にMAに立ち向かった者達、つまりツインリアクターを有するガンダムフレームのMSも存在した。

この時に対MA用の兵器であったMSの仮想敵はMSに移り変わり

新規にツインリアクターMSの増産も難しかった為、時代はツインリアクターに対抗出来る対ツインリアクターMS用シングルリアクターMSを求めた。
本機ライトレイズはそのニーズへの極端な「解答」であり

シングルリアクターの出力を手足のトルクにのみ特化運用

徹底的な軽量化と阿頼耶識による反応速度により「超近接戦闘においてのみガンダムフレームを圧倒する」事をコンセプトとしている。
限られた出力で高出力なツインリアクターMSを駆逐する為にライトレイズの機能は限定的な物になっており

武装もレアメタル製のナイフ1本のみである。

これを補う為に長い腕と瞬発力に優れる脚部を持っているが
この細く長い手足は振り回す事で姿勢を制御するスタビライザーのようにも使えたという。
本機の操縦には先述の通り阿頼耶識が使われているが

これは戦後人体改造はタブーとしていく予定だったギャラルホルンにとって都合が悪い事であった為

機体やパイロットの情報は当時徹底的に陰徳されていた。
というのが制作当時に考えたコルレル風グレイズの設定。

プラモ的な仕上げとしては全体が白1色だとのっぺりした印象になるので部分的にライトグレーで塗り訳け。

全体を艶消しにしつつ
部分的にメタリックにする事で質感にメリハリを付けています。
コルレルと言えば腕組み!

元ネタのコルレルと言えばガンダムXに登場した超軽量MSですが

単純なスピードで残像を起こしたり
作中で唯一格闘武装でDXの装甲を傷付けてたりと

割りとスーパーMSです(^^)
手持ちのナイフはコトブキヤのFA:G轟雷なんかに付属する奴を使用。
全体のアセンとしては

頭部=HGレッドフレーム
胸=HGグレイズ改弐+HGバルバトス
腕=HGグレイズ改弐+HGアルケー
脚=HGAGE-1スパロー+HGグレイズ改弐
バックパック=HGグレイズ改弐+ビルドMk-IIブースター

みたいな感じです(^^)
耳の部分はホビージャパン付録のフリーダムFFのツノを加工して取り付け。

口元のへの字は埋めています。
肩はまんま使うとあまりに流星号っぽすぎたのでモールドをパテで埋めてから
新規にディテールを追加。
胴体はこんな感じ。

コルレルらしい華奢な感じにする為に腰フレームは延長。
塗装前に軽くバランスを確認してた時の写真。

これだと全体の作りが分かりやすいかな?
ここまでご覧頂きありがとうございました!

次回のSEEDコンテストは本気で参加するので皆さん一緒に盛り上がりましょう!

コルレルって……いいよね

コメント0件