GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ブルーディスティニーグロリアス(前編)

ブルーディスティニーグロリアス(前編)

〈脳内設定・前編〉
当アカウント者専用として、来るべきガンプラバトルの為に製作したガンプラ。
ブルーディスティニー3号機をベースに同系列の機体のパーツをミキシングしている。

オーソドックスな近・中距離の射撃戦仕様だがチーム戦でのサポートも念頭おいており、背部コンテナブースターにはビームキャノンやプロペラントタンクの他に蓄積されているエネルギーの供給ケーブルも備えている。味方機の火力の底上げ・補給に一役買っている。
また、胸部バルカンと有線式ミサイルを廃し、メガ粒子砲2門に変更して火力向上させている。
実質腕部を2組装備しているので緊急時に代用する事ができ、軽装になることで一変して格闘戦主体のスタイルとなる。

というわけで、やっとマイ専用機のアップです!初めてのカスタマイズガンプラなので(自分専用なので笑)前後編に分けさせて頂きますw

ブルーディスティニー3号機に1号機と陸戦型ガンダムをミキシングしています。胸部装甲は旧HGのEz-8のものを加工して使用しました。
塗装も要所に青を使っただけの部分塗装で済ませています。
射撃武器の100ミリマシンガンとビームスプレーガン改(銃口を変更しています)は合体してビームと実弾を強化して発射できる設定。
シールドも合体機構を入れてみました。
陸ガンのシールド2枚とブルー3号機のシールドをぶった切ってそれぞれ張り合わせています。
後方。
陸ガンのコンテナに陸ガンの腕をビーム砲に見立て、ブースターは旧HGのEz-8のパラシュートユニットのものを加工。ジャンクパーツでアウトプットユニットを、リード線とソフトダーツの針(所謂ティップです)でケーブルを製作しました。先はビニールを剥いて銅線で他のキットに接続している風に出来るようにしました。
もちろんコンテナに小物とか入れられます。
胸部装甲は展開し、ツインメガキャノンが現れます。

撮影しながら改めて思いましたが旧HGのブルーって結構胴体分厚かったんですねw
コンテナブースターは腕を使っている為
困ったときには腕として装着できます。
その際は手ではなくビームハンドみたいに形成するってことでビルドパーツ?のビームパーツを取り付けられるようにしました。
ライダーキック。
股関節と脚の接続を新HGのEz-8のものに変更。それなりに動きます。

もう時代は股関節はボールジョイントじゃないんですよね・・・

そういえば、ブースター基部に腕を使うアイディアは当時の仕事の教え子(小2)がLBXで同じ様な使い方をしていたのを参考にしました。丸パクりじゃないですよw
何に置いても固定観念を持ちすぎるのは良くないですね。

今回はここまでにします。
お気づきの方もいると思いますが(いるのか?笑)
切り札のお話がありません。
それは後編になりますので気になる方はそちらをご覧ください(^-^)/

続きます。
ご覧頂きありがとうございました。

コメント0件