GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

MS-07H8 グフフライトタイプ(グレーゴール・ノイベルト機)

MS-07H8 グフフライトタイプ(グレーゴール・ノイベルト機)

旧HGグフフライトタイプをオリジナルのエース専用機として作りました。

グレーゴール大尉の搭乗する機体で、専用の調整が施されている。
装甲色はパーソナルカラーであるサンドイエローで塗装され、左肩には斧のエンブレムが貼られている。

ガトリング・シールド



グフシールドと75mmガトリング砲を組み合わせた装備。中・長距離で威力を発揮する。

3連装35mmガトリング砲



従来のグフに装備されていたバルカン砲に変わる外付けの火器。給弾はマガジン式になっている。

ヒート・サーベル



Type-D Ⅲと呼ばれるタイプで、発熱せずに斬撃することも可能。

大型フライト・ユニット



背部に装備された2基の大型ファンを有するフライト・ユニット。ホバリングやジャンプ機動の補助をし、原型機以上の優れた空戦能力を誇る。

グレーゴール・ノイベルト大尉



ジオン公国極東方面軍所属のMSパイロット。彼のエンブレムにちなんでジャックケッチの異名で呼ばれた。
連邦軍のよるラサ基地攻略作戦では計13機のMSを撃破し、味方の陸路での脱出を支援した後に自らも脱出。
その後は他の部隊と合流し11月30日のジャブロー降下作戦に参加。ガウ攻撃空母と降下するMSの支援を行った。脱出の際もガウの防衛を行い、囮となって戦死した。

オリジナルのエース機体です

コメント0件