GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダム・エクスシア

ガンダム・エクスシア

[再UP]鉄血Gフレームにエクシアを被せた強奪魔改造系敵ガン。

PD200年代後期から活動していた過激派反GH組織「天上人」がフラッグシップとしていたMS。露出したツインリアクターからガンダムフレームの改造機なのは確実だが、サブリアクターによる隠蔽が施されオリジナルは不明だった。

背部の円盤状のパーツがサブリアクターと推測される。膝下から足首までは別のフレームに置換されており、左肩や頭部右半分などは破損部を応急処置したままになっている。

戦闘スタイルは、ガンダムの典型である近接戦偏重。各部にマウントされた小型剣をサブアームを活用し自在に操る。

当機最大の特徴である右腕のガン・チェーンソード複合兵装。火星以遠圏開拓時代の重機用チェーンソーとライフル、小型シールドを組み合わせている。

チェーンソー先端には刺突用の刃を備える。質量兵器として叩きつける場合はメイン、サブアーム両方での保持が必要。

チェーンソー起動時は、元々がMS用でないために発生する凄まじい振動を吸収するためにフォアグリップを展開し3本腕での保持となる。多くの機体をフレームごと切断する破壊力を見せつけ、討伐にあたったGH兵士を震え上がらせた。

チェーンソードに怯むことなくシールド等で受け止めた勇敢な兵にはコクピットへの一撃が襲いかかる。

ファリド庶家の騎士、マクシミリアン卿との決闘。チェーンソーがクローを粉砕しコクピットまで斬り込んだが、反撃のプラズマ火炎により上半身を蒸発させられ、討ち取られた。
鉄華団が火星で決起する数年前の事である。

チェーンソー持たされる前のきれいな状態

製作は3年弱前、散々遊んで引越し輸送等を経ての写真撮り直しです。シタデル塗装の強さは偉大。

コメント0件