GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダム・シェイドウィルダー

ガンダム・シェイドウィルダー

ワイルドアームズ(1st/F)のザック再現…でなくイメージ機。好きな要素を節操なく盛込みました。

マクギリス事件の数世紀後、火星圏を行き交う流れ者=渡り鳥の一人「ジャック・ザ・ガントレット」が駆るGフレーム改造機。外装はダンタリオン、ヴィダールのパーツが主だが、この時代すでに固有波形等のデータは失われており、フレーム型番は不明。脚先部が別パーツで延長改造されている。

パイロットはMAに襲われ全滅した火星北部のコロニー自警団出身。復讐のために遺跡盗掘を繰り返した末にガンダムを手に入れMA討伐を主に担う渡り鳥となった。左肩アーマーはコロニー時代の上官(生死不明)の乗機のもの。

主武装は左腕に接続された大型バスターソード「ノーザンライト」。内部にはγナノラミネート刀を格納している。接続ポートであるガントレットが圧縮エイハブ粒子をそれぞれの刀身に供給する。

腰サイドにハンドガンを装備。弾数は少ないもののアーム保持無しでの展開・奇襲が可能。大型バインダーは腰では無くバックパックから伸びるサブアームを介して接続されている。

バスターソードを左腕に接続したまま逆手で使う等、我流の戦闘スタイルではあるが渡り鳥としての力量は十ニ分。
さらに当機には阿頼耶識をもたない(施術ノウハウは失われて久しい)パイロットがGフレームの力を引き出すための《切り札》が存在する。

「Wake up, “Herm-pen”(出番だぜ、相棒)!」

戦闘支援AI《Hermit of pendulum》(通称ハムペン)を起動した形態、トルネードフォーム。バインダーが肩上まで跳ね上がり、MAのワイヤーユニットを転用したドリルアンカーが尻尾のように伸びる。脚先が前後反転して重心が上がり地上機動性を高める。

フレームのリミッターを解除し、殺人的にピーキーになる機体コントロールをAIがサポート。パイロットへの薬物投与でG負荷と痛覚を緩和(欺瞞)し、MAに単騎で対抗しうる戦闘機動を実現する。
阿頼耶識の禁忌化に伴って開発されたシステム名《Harmful painkiller》をAIは当初名乗ったが、強すぎる毒ネーミングを嫌ったジャックが先の通称を後付けした。

「Magnum Fang, FIRE!」
バインダーのバーストサーベル刀身を直接射出する。オリジナルの機構を無視して炸薬量を無理に増したため反動が大きく、ハムペンのサポートによって初めて使用可能となる。

「Speed Fang, Ready!」

左腕デバイスで刀身をロックし、反発力をチャージ。

「BLOW AWAY!」
ブースターダッシュから溜め込んだ反発力を開放することで放つ加速閃刃。一撃必殺の威力だがフレーム、パイロット、刀身への負荷が凄まじく多用はできない。

[外装FIXまでのながれ(長い)]ロン毛の老け顔をそのままガンダムにするのは(心理・工作的に)難しい→奴の最強防具シェイドウィルダー、機体名にしたけどそもそもどんな見た目よ→ウェスタン帽かぶってダークにつよそうな感じでは→いや待てアクセラレイターつながりで、絶対たる力に辿り着きアクセスッ!するifはどうか→アツい→さらにハンペンとシンクロで形態変化・早撃ち解禁ッこれだーッ

再現ではないため、脳内せっていは全体的にフェイク感を強めに。
Jack(海外版ネーム)なのでインチキ英語を喋らせました、出来心で。

当初はヴィダールのお手軽改造で済ませるつもりでした。上下逆にしたアンテナにカゼネズミみを感じませんか…心の目で見て…

結局物足りなくてダンタリオンなどを盛った塗装前。塗ってみてさらに物足り無かったので肩を左右非対称にしてマント追加、片目はモノクル風に。まあガンドラですよね(言っちゃう)

ツインアイ(鉄ダムのはカメラじゃなくてありゃ威嚇装置だと主張派)は塗ったものの帽子の影でよく見えなかったので後頭部に穴を開けてミライトをぶち込むやり方に変更。色も変えれて一石二鳥。ミライトが少々はみ出るのでマゲ風のカバーを追加してサムライウェスタン感をUP!

荒野を渡る3つの風が集うのはいつの日か…(口笛イン)

ワイルドアームズ(1st/F)のザックを再現…というよりイメージしてミキシングしたものです。 インチキ西部劇に加え好きな作品の要素が節操なく混ざっているのでピンと来たら当たりです、同志。

コメント0件