GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

コンテスト対象
ストライクガンダムEx-SEED

ストライクガンダムEx-SEED

ストライクシードの純粋な進化形態です。以後は装備バリエーションを挙げることもあるかもですが、一応の打ち止めかと。

これ以降は、ダイバー・マコトのフォース“A’sストライカー”の他のメンバーの機体を投稿することになるでしょう。

では、マコトの渾身の作をご覧ください。

ストライクガンダムEx-SEED(イクシード)

フォース“A’sストライカー”のリーダー・マコトが、ブレイクデカール事件後に、改めて自身の機体を見つめ直し、大幅な改修を施したガンプラ。ほぼ一から作り直したと言っていい代物。

ストライクベースはそのままに、前機で発生していた背部武装による重量バランスの悪化、必殺スキルのデメリット効果、この2つの改善を念頭に入れつつ、“自分が作りたい様に作る”を目指した。
曰く『カッコ良さも追求する!』だそうだ。

脚部を一回り大きくする事で重量増加への適応及び蹴撃力の強化を図り、全身の各所に設置されたメタルブルーの装甲“FS(フォースシフト)フレーム”により、スキル・ブレイクシードで発生するエネルギー“SEEDフォース”の余剰量を蓄積、制御する事で効果時間の持続とデメリット軽減を可能とした。

しかし欠点の耐久値低下を無くす事は出来ず、第三フェイズでは軽減できない。

それでも総合的な能力は飛躍的に向上され、チャンピオン・キョウヤとも渡り合える様になった。

獅煌剣/獅煌砲/獅煌大斬剣

Ex-SEEDの主力兵装。大型ビームライフルに斬機刀のホルダー機能を加えたもの。
また、銃身に刃を設け、合体状態でも大剣として扱える強度を持つ。

獅煌拳

両腕に装備されているFSフレームの手甲。前方にスライドでき、拳撃力を高める効果がある。

頭部バルカン/大型ナイフ/ビームハンドガン

バルカンは省く理由が無いのでそのまま採用。
ナイフとハンドガンはサイドアーマーとリアアーマーにマウントされている。予備兵装だが充分な攻撃力を有し、狭地での戦闘では優先的に活躍する。

スキル・ブレイクシード
前機から引き継いだ形で使用される。また必殺技は“獅煌戦烈破”、“獅煌斬烈破”と名称を変え、強化されている。

ストライクガンダムEx-SEED・クロスシフトフォーム

新たなバックパック兵装“クロスブースター”を装着した姿。
最大の特徴は、大型の羽根“シフトフェザードラグーン”を4基搭載し、スラッシュバスター以上の変幻自在の戦闘を可能にする。

ただし、マコトが相変わらず遠隔操作が苦手な為、自機の周囲でのみの運用を前提としている。

シフトフェザードラグーン

4基の大型の羽根型兵装。装着したままでの機動力向上に加え、斬撃型“ソード”、ビーム砲撃型“ランチャー”として2基ずつが機能している。

またFSフレームを其々に備えている為、SEEDフォースを使ったバリアや陣形を組む事でゲートを作り出す事も出来る等、マコトの想像力次第で幾らでも応用が効く。

必殺技:獅煌砲・極星波

シフトフェザーを獅煌砲の銃身を囲む様に配置し、極大化したビームを叩き込む。
その威力は凄まじく、踏ん張った機体をそのまま後方へ押し返すほど。
しかし、膨大なSEEDフォースを放出するため、1バトルで1回が限界。

自分の妄想が爆発しました(笑) ダイバーのマコト君は、高校生ながら武術の達人と言う設定で、刀で堂々と立ち回るのですが、最終的に砲撃が最大必殺技になっちゃいました。 昔の勇者ロボでよくある展開ですよねww

コメント3件

  1. かも 5日前
    • Λ 5日前
      • かも 5日前