GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムバルバトス・ウプウアウト

ガンダムバルバトス・ウプウアウト

《道を切り開く者》、顕現。

introduction from GBN
本機はニブルヘイム強襲作戦に先立ち製作が行われていた。作戦に於ける《鏃》の役目を担うはずだったが作戦開始に間に合うことは無かった。
しかし、作戦の長期化に伴い製作が再開、急ピッチで作業が進められ完成に漕ぎ着けた。
同タイミングで突入したアストレイ《天禍》が大破、辛うじて生存したパイロットの要請を受け、ウプウアウトは戦場を駆ける一本の矢となる──。

機体情報
フレーム各所の補強と、生存率を度外視した武装を数多に積載した近接特化機体。
背部追加ユニット《フラウフェン》が特徴。
作業自体が急ピッチだった為見た目の大きな変更などはされていない。
多数ある近接武装を『使い捨て』ながら最終的に《フラウフェン》をパージ、大太刀を鞘とした太刀、《空雅》一つで戦うというピーキーな戦法が前提とされる。

前面。
カラーはvガンダムを参考に白黒を基調としている。

側面。
背部追加ユニットによってギリギリ自立している状態

背面。
コトブキヤのエグゼニスウイングをほぼそのまま接続、そこにアムアムをつかってサムライマスターソードを尻尾のように繋いでいる。

これがやりたかった

プチ盛りは今回で終了。 しばらくは素組で手を休める……

コメント0件