GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムアストレア・ライトニングシュヴァリエ

ガンダムアストレア・ライトニングシュヴァリエ

(以下脳内設定)
GPDでの戦闘で大破したアストレアを完全改修した姿。
耐ビーム効果と、軽量化を狙いグレイズフレームのMS、シュヴァルべ・グレイズをベースに採用。
各部にGNコンデンサーを搭載する事と、太陽炉、そしてエイハブリアクターを駆使して戦う事で長時間の高速戦闘を可能とした。
ストライクフリーダムの発想を得て作成された各部金色部分は、同じく高速機動の際の機体内部で発生する熱を排熱する機能を持つ。
肩に増設された大型コンデンサーは、GNフィールド発生装置の役割も果たしており、あらゆる防御方面においても死角が無い。
青いシュヴァルべを選んだ理由として、GBN内でも「青」色は宇宙空間で最も敵から視認しにくい色とされるというレポート結果が出ているため。

主武装である「GNソードⅡデュアルショック」は二本で一対の特殊装備。
「ソード」と呼ぶには程遠く、主な目的は「叩き潰す」事である。
ブルークリアー部分は、ビーム粒子を分散、消失させる役割を持っている。

「GNソードⅡDS」はガンモードへと変形する。
GNソードⅡ刀身と本体から一つずつ。
一本につき二つの銃口から発射されるビームは収束、分散が可能。
この機能が、「デュアルショック」の由来となっている。

腕部に増設されている「GNガントレット」からは、GNビームサーベルを展開できる様になっており、超近距離における戦闘にも対応できる様になっている。
肩に二本ずつ増設された装甲にもサーベルを搭載している。

太陽炉を腰部に接続した事により、自作のバックパック「ブルーローズ」を搭載する事で機体制御に大きな恩恵を受けている。
GBN内で使用可能な必殺技として、独自の起動方法と、青色の粒子を発光しながら起動する「トランザム・蒼天(シエーロ)」を持つ。

ヘイ!セイ!最後の完成品はアストレアです!令和になってもよろしくお願いします!

コメント0件