GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

令和元年最新作
ASW-G-X05 ガンダムエーギル

ASW-G-X05 ガンダムエーギル

ーーガンダム・フレームXナンバー計画5番機

ASW-G-X05 ガンダムエーギル

マクギリス・ファリド事件後、ギャラルホルンにより主導された「ガンダム・フレームXナンバー計画」… 本機はその5番機として開発された機体である。
エーギルは北欧神話に登場する海の神であり、機体は海神を思わせる青で染められている。
本機は各部に配したスラスターにより高い機動性を発揮し、敵機との相対距離を維持した上で中距離戦闘を展開する。
本来、ガンダムフレームはツインリアクターの高出力を活かした近接戦闘を得意とする。本機がこのコンセプトから敢えて離れた理由は、他のギャラルホルン機との連携を重視した結果だと言われている。
現代におけるMS戦は、複数の僚機と連携し遠距離からの支援射撃の元、短時間の接近戦を仕掛けるのがセオリーである。接近戦を可能な限り短くすることで、撃墜のリスクを回避するのである。
エーギルの仕様は現代のMS戦に合わせたものであり、対MA戦を想定したかつてのガンダムフレームの建造目的とは全く性質が異なる。それは、人類が共通の敵を討ち滅ぼすために生み出した力が、己自身に向けられることを暗に示している。

本機のベースとなったガンダムフレームは回収時に頭部を喪失していたため、新たに新造されたものを使用している。
ガンダムフレームの特徴である双眸のメインカメラを備えながら、グレイズ系に見られる尖った額を有するなど、過去と現在のMSのデザインが融合したような外観となっている。
頭頂部には大型の通信ユニットを装備し、エイハブウェーブの影響下でも僚機との円滑な連携を可能にする。
システム面にも変更が加えられたとされるが、その詳細は最重要機密として扱われている。

武装

・マシンガン
・背部マルチプルランチャー
・シールドブースター
・シールド内蔵機関砲
・テイルブレード
エーギルは搭載火器による支援戦闘に比重が置かれたセッティングがなされている。敵機の接近時はテイルブレードで迎撃する他、任務内容によっては接近戦用武装を携行する。

シールドにはスラスターと姿勢制御用のスタビライザーを搭載。高機動時や長距離侵攻時の補助に用いる。

また、マクギリス・ファリド事件においてガンダム・バルバトスの装備として猛威を振るったテイルブレードを試験的に装備する。
MA・ハシュマルの流用品で本装備の要であるワイヤーは、再製造が不可能であった。そのため、ジュリアンソードに用いられた制御ワイヤーが改良の上で代用された。
威力は低下したが、機体の加速に合わせブレードを射出することで、実戦で十分に通用するだけの威力を発揮する。
この他にも肩部にマウントラッチを有しており、さらなるオプションの装備も可能である。

…以上が機体設定になります。
エーギルは夕夜さんガンダム ・フレームXナンバー計画に参加するために作製したガンプラです。 「ガンダム・センチネル」に登場するガンダムMk-Vの“鉄血版”をテーマに作製しました。インコムをどうP.D.世界に登場させるかで難儀し、最終的にテイルブレードという形でまとまりました。
表面処理や塗装面ではまだ問題点がありますが、今回は自分の作りたいものを作るという当初のガンプラ製作の理念に立ち返り、作製に励みました。

製作工程

HGアスタロトとグシオンリベイクフルシティをベースに作製しています。
シールドはライトニングバックウエポンシステム付属のものを使用。バックパックの半分はSガンダムから流用しています。
特徴的な頭部はフルシティをベースにパテを盛って整形。頭頂部のセンサーはアスタロトのパーツを使用しました。

腰部はフェニーチェリナーシタのパーツを挟んで延長。

脹脛のスラスターはフルシティのバックパックの装甲をベースに、フレーム本体へ脱着できるように工作。

あとがき

最後まで作品を見て頂き、ありがとうございました。
当作品は平成の最後に作り残してたものを、GWを利用して完成させたため、図らずも令和最初の完成品になりました。
ガンダムフレームは長く作っていますが、鉄血以外のガンダム作品をモチーフにした作品はこれが初めてです。
ガンプラの製作技術はもとより、新しい作風にも積極的に挑戦していきたい所存です(´∀`)

令和最初の投稿は鉄血版Mk-Vです

コメント4件

  1. hetagarasu 3週間前
    • アルパカ・C 3週間前
  2. 夕夜 3週間前
    • アルパカ・C 3週間前