GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

【初投稿】 ガンダムアスタロトリナシメント

【初投稿】 ガンダムアスタロトリナシメント

HGIBO ガンダムアスタロトリナシメントです。

細身の体にゴツい装備。露出した内部骨格、左右非対称な体シールドも兼ねた拡張腕とサブアーム。そして腰に下げるはサブマシンガンに2本のナイフ。お前はどれだけ男の子を喜ばせば気が済むんだ?と言いたくなる、素晴らしいデザインです。

従ってデザインに大きく手は入れず、
「今出来る最高のリナシメント」を目標に、ただただ丁寧に。そしてアレンジは控えめに作りました。外装の落ち着いた色合いと、鮮やかな差し色が拘りポイントです。

アスタロトリナシメントの重装備は仁王立ちだけでも十分に映えます。青紫の外装と白いデカールの組み合わせは抜群ではないでしょうか?

リナシメントといえばこの合体ギミックを加えられたデモリッションナイフ。両手持ちもバッチリ決まります。

大張一刀流を少々…

スカスカだったシールドアーム内部も見て楽しいよう手を加えました。
ファレフォとシタデルのメタリックカラーは手放せません。

関節を強化したおかげで、このようなポージングも楽々出来ます。
多彩な武器と存在感のあるサブアームとサブナックルで見た目も楽しく、動かしても楽しいです。

まず全身にヤスリをかけ、バンダイエッジを削り取り、カッチリした見た目を目指しました。
一部の細かいディテールは一度写真を撮り、一気に面処理して消してしまいました。
腰を角材とプラ板、真鍮線を使い3mm延長しました。

この時、右腕、右脚、各武装の合わせ目消しを行い、右腕と右脚はあとハメ加工を施しました。

バックパックやシールドアーム内部の肉抜きをプラ板で埋め、シールドアーム内部と機体各所にディテールアップパーツを張り付け、精密感のある仕上がりを目指しました。

消えたモールドを筋彫りとプラ板で復帰。
同時に少しモールドを追加。エバグリの細いプラ棒で側頭部などをディテールアップしました。

また、機体各所の穴のモールドを0.7mmで開口。同時に自分の直感に従い0.7mmと1mm穴を装甲各所に開口しました。

各関節の強化も行いました。

全体にサーフェイサーを吹き付け、青装甲にブリリアントブルーを吹き付けました。しかし、設定画を見直して紫が強い青にしようと思い立ち、ブルーバイオレットを急遽購入、上から薄く吹き付けました。

フレームはマットブラック→ジャーマングレー
武装はマットブラック
白い外装はジャーマングレー→インシグニアホワイトを重ね、理想の色合いを目指しました。

その後、デカールアップと墨入れを行い、塗装剥げをリペイントしてから艶消し。その後部分塗装を行いました。
ファレフォメカカラーのライトスティール、レッド、ガンメタル、ブラックとホワイトで調色したジャーマングレー。
シタデルベースカラーのscreaming bell(カッパー)で部分塗装を施し、もう一度つや消し。

メタリックカラーを再度筆塗りし、塗装を侵さない接着剤で機体各所に開口した穴にメターパーツを埋め込み、完成しました。

見た目もよく、遊びごたえも弄りがいもがあるキットでした。是非お手元にどうぞ。

コメント0件