GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジオンチーム
HGUC アッガイ

HGUC アッガイ

HGUC アッガイです。取扱説明書の完成見本の如く、ごくごく普通に作りました。

いつも色々といじり過ぎて完成するまで延々と時間がかかってしまうので、今回は可能な限り手を抜いて短期決戦で完成させる事を目標に製作しました。

ざっくりな解説ですが、基本工作、後ハメ加工、シタデルによる全塗装、ファレホによる細かな部分の塗り分け、デカール貼り、ペンによるスミ入れ、そしてヴァーニッシュでコーティングしてあります。

今回のセクシーポイントは膝です。合わせ目を誤魔化すためにディテールを追加しました。
追加工作はその位です。今回も地味ですみません。

私のブログ「なにとぞ」にて製作記事やら別の画像等がまだまだありますので、よろしければそちらも合わせて御覧くださいませ。

製作キットの感想:
HGUC アッガイは、構造が簡単で作りやすいのがいいですね。外側から見えるディテールは凄くシンプルなんですが、実は見えない部分にディテールが沢山あって、見えない部分の塗り分けも楽しめる奥が深いキットです。また手に持つとずっしりとくる塊感も素敵です。

バックパックのスラスター部分に小さく「熱いから注意してねっ」のデカールが貼ってあります。

膝裏も合わせ目を誤魔化すためのディテールが入っています。

爪の先端は尖らせませんでしたが、断面が菱形になるようにシャープに削ってあります。

08小隊版が再現できるパーツがあるのは嬉しいですね。
ちなみにめったに使う機会が無いだろうと思われる円形のデカールをくるぶしに貼ってみました。

腕延長パーツがあるのは嬉しいのですが、可愛さが半減するのが悲しい・・・。

ミサイルは赤く塗りたくなりますよね。右手の砲口はファレホのメタルカラーで塗ってあります。

足の裏もそれなりに塗り分けてみました。もっと塗り分けしても良かったかも。

ここっ!! 見て見てっ!! ここが合わせ目を誤魔化すためにディテールを追加した所ですよ〜。今回大きく手を入れたのはここだけ。

エバグリの平棒を組み合わせてこういう部品を幾つか作りました。

膝の前面と後面を予めタガネで彫り込んで、作成した部品を貼り付けました。

アッガイのように筒状のパーツが多いキットには、逆作用のクリップが非常に役に立ちますね。

今回はシタデルの塗料をメインに塗装しました。モノアイや足の裏等の塗り分けはファレホのメタルカラーを使用しています。

塗装途中で合わせ目が残っているのが発覚したので、シタデルのリキッドグリーンスタッフを使って修復しました。これはとっても手軽で便利です。

スミ入れは手を抜いてペンで。でもサクサク進むので、私にはこれで充分な気がします。

全部揃った状態。

むっちむちなわがままバディのアッガイたんって素敵

コメント0件

アラフィフ出戻りモデラーです。HGUCを主に作ります。グリプス戦役や0083が大好物でグイグイ食いついていきますのでご注意くださいw ブログ(模型Only)は今のところほぼ毎日更新しております。牛歩ですけどね(^^; 現在ファレホ・シタデル奮闘中。サンプルもブログ上で色々取り揃えております。参考になるか分かりませんけどね(^^;