GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GN-X Ⅳ

GN-X Ⅳ

ガンダム史上最強の量産機

機体解説
GN-X Ⅳ指揮官機仕様です。アロウズ解体後に生産、既存のGN-XⅢなどを改修して量産された地球連邦軍主力機です。詳しい機体の解説についてはWikipediaかpixiv百科を見る事をお勧めします。
装備のコンセプトは「基本に忠実に」です。粒子タンク増設によって高機動と戦闘可能時間の延長。ショートライフルで取り回しの良さと、連射性で近・中距離戦でのアドバンテージの確立。でも防御が不安だからGN-X Ⅲのシールドで最低限の防御を得る。書いてて思ったけど、せっかく換装出来るのに、全部盛りしようとして換装によって特化できる力を削いでる気がしてきた。でもこの見た目が好きだからオールオッケー。

作品解説
今回のGN-X Ⅳのコンセプトは「自分専用装備」です。指揮官機は色々な兵装を好きなようにチョイス出来るとpixiv百科かWikipediaで読んだので、自分が乗るならこんな装備がいいという「俺GN-X」を作ることにしました。あと今回初めて調色をしました。色を作るって楽しいですね。

頭部両側面、手の甲、胸部、足首の所の金の部分はクラビカルアンテナに相当する、粒子コントロール部分だと解釈しました。

なぜ肩にデカイ盾を付けるのか疑問でしたが、実際やってみると分かりました。GN-X Ⅲの盾は肩の部分に干渉するんですね。

ドライブには金属のネジパーツを使うことで、機体にしっかり拘束されてるイメージを持たせました。

ACのopにありそうな、盾を前に構えながら突撃するイメージ

人型と異形がいい塩梅なので、GN-X系は大好きです

ガンダム史上最強の量産機

コメント0件