GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

G-EX NineFortress

G-EX NineFortress

型式番号:G-EX-09n+RF-01
全長:17.69m 重量:105.05t
武装:イーゲルシュテイン
G-99ビームサーベル
X99‪α‬ビームライフル改
対ビームシールド改

EX-09Fortressの改修機、魔改造されたEX-10との戦闘で大破したフォートレスをEX計画を裏で指示していた機関の工場で密かに製造されていたGN-X20Aの後継機であるGN-R99‪α‬を使用し改修、見た目は面影があるが、性能は桁外れである。
フォートレスの隠密、防衛、強襲の機能を全て排除し汎用として再設計し、ジェネレーター出力も以前とは違いR99‪α‬の物を使用している。
機体重量が増しているのは各関節パーツや新規パーツを追加している為である。
強襲用に使用されていた大型ソードは運用するにあたって無駄と判断され削除、57mmビームライフルやフォートレスストライカーは機体出力に耐えきれず改修も不可能だった為に削除されている。
G-EX-09には特殊な専用システムが組み込まれていたがこの機体にはGX-R99‪α‬のシステムを改良した物を採用している。

特殊システム:R-‪‬EXEシステム‪α‬
EX-01や06に使用されていたシステムをR99‪α‬のシステムと組み合わせたもの、発動時に両腕の追加装甲と腰パーツが展開、通常の5倍のスピードでの移動が可能になる。機体の耐久値の問題はクリアしておりパイロットにも負担はかからない。だが熟練のパイロットでも操縦は困難でパイロットを選ぶ機体となっている。

機体重量が増しているものの、各関節やジェネレーターを変更しているため改修前と同じスピードで動く事が可能となっている。

RF-01
新規に開発されたNineFortress専用のファイター、バックパックシステムを簡略化する事によりより高機動な戦闘が可能となり、運送機能が追加されてパイロットが離れていてもファイターを利用しての運送が可能となっている。

本機はEX計画から完全に外れており、EXの系統と言うよりはGNの系統と言った方がよい。
全てを見た機体は次の世代へと希望を紡いでいく……

EXシリーズのひとまずの区切りです。

コメント0件