トールギス…”もどき”です!
  • 928
  • 0

トールギス…”もどき”です!

飛行ユニット付きのリーオーです。オプションは色々あったのですが、ドーバーガンと飛行ユニットをつけたら「これこそ量産型トールギスだ!」と思って、EW版っぽく塗ってみました。

工作ポイントは合わせ目、スジボリ彫り直し、ある程度の面出しといった基本工作に加えて胴体側面の合わせ目の段落ち化、大腿部のロケットブースターの本体とノズルの補強版(?)をカット。(下の写真で確認できます。)さらにカメラアイを携帯用デコシールのソフトタイプを取り付けてあります。
塗装はエアブラシとマスキングで対応。足首の金色、飛行ユニットのフィン、胸部の銀色はシタデル筆塗りです。塗料は青はクレオスですが、それ以外はタイ製のスカルカラーで塗装しています。
配色はトールギスEW版を参考に光沢仕上げにしています。水転写デカールが手に入れば、貼り付けた後に艶消しにしようかな…とも考え中です。
漢はやっぱりビッグガン!って事でデカい主兵装はロマンがあり大好物です。ドーバーガンはぱっくりと合せ目が出ますが比較的消しやすい感じだと思います。本体はガンメタ、マガジンはメタルグレイ、ジョイントはアイアン、そして銃身の根本はシタデルのシルバー筆塗りです。
膝の分解しないと、ヒザを中心に上下の脚部が取り外せない構造だったので、で上のように加工してみました。
足首アーマーの内側は、塗装派にとっては”ほぼ”犯罪行為のような形状となっていますので、塗装される方は上のように削ってしまう事をお勧めします。
  • サイトの埋め込み
リーオーはノーマルの物も作成済みですが、作りやすく楽しいキットです。出来上がりもイメージ通りかと思います。本編ではザクも真っ青なくらいに”徹底的なやられ役”でしたが、個人的にはかなり好きです。 キットの弱点として、手首がショボいのと、デザイン的に仕方ありませんが、首がほとんど動かないので表情が付けづらいのが欠点だと思います。

コメント0件

タイ在住の日本人です。好物は量産型です。

店頭素組み展示品に一目ぼれして購入した …

キットはゴッグ、アッガイと共に3機セットになったものです。店頭に素組み…

ほぼほぼマボロシのジムⅡ ティターンズカ…

Zガンダム第1話の後半最初にクワトロ大尉が撮影した写真に膝から下だけが…

みんな大好き ”アッガイたん”

ゆるキャラ扱いされる事があるアッガイですが、MGの組み立て説明書の機体…

ブリッツ ”天ハナ” カラー

久々のMG作成となりました。 MGブリッツを天ハナのカラーリングで塗っ…

関連ガンプラ作品

HGダブルオーザンライザー

月刊ホビージャパン付録のザンライザーユニットとダブルオーライザーを合体…

HG ガンダム端白星

ウルズハントいつ始まるの・・・?という事でHGガンダム端白星作成しまし…

  • 0
  • rating_star22
  • 136

HG オーバーフラッグ[一般機]

『HG オーバーフラッグ』小改造制作です。 主な作業個所は 膝関節とス…

  • 0
  • rating_star51
  • 408

旧HG ジムスナイパー

20年ほど前に制作した物を修復しました^^

  • 0
  • rating_star36
  • 216