MS-04 ブグ(月面迷彩仕様)
  • 3889
  • 2

MS-04 ブグ(月面迷彩仕様)

ガンダムマーカーエアブラシ塗装の6作目 の全塗装作品です。

THE ORIGIN Ⅳ 月面「スミス海」で初のMS戦という大立ち回りを行ったブグ。

ミノフスキー博士の亡命阻止という秘密裏に行われた任務と兵器情報の隠蔽
というデジタル迷彩を施されたという設定で作りました。

昨年(19年)にTHE ORIGINを見てガンプラに復帰したあたりから、 ブグも作りたいリストには入っていたものの、ちょっと機会に恵まれず。 改めて観返したときにガリガリとスジボリしまくったら楽しそうだなーと 思ったのでこの機にやっとこさのブグ着手となりました。
色は月面ということで白、黒のモノトーン調でのデジタル迷彩。 ただあまり考えずにマスキングしてしまったからか何迷彩かわからない状態にw しいて言えば「ドット柄のスプリット迷彩?」といったところでしょうか。
サフ前とサフ後。 工作面ではスジボリとM.S.Gパーツ、プラ板でのディティールアップ。 0.5、1mmなどの厚めのプラ板の使い方模索も行ってみましたが 2~3か所使うにとどまってしまいました。 加えてずっとほしかった「BMCタガネ 0.2mm」が手に入り、嬉々として あれこれ彫り、中々サフ吹きまで行けず。
塗装面ではサフ以外の塗装はガンダムマーカーエアブラシと自作ペンで実施。 加えてエマルジョン塗料と自作ペンでの塗装にもチャレンジ。 これが意外にうまくいかず厚塗りになりすぎてしまい・・・ それがマスキング箇所に滲む形となってしまい、汚い出来に。 エマルジョン塗料の希釈調整の難しさを実感する結果となってしまいました。 この辺り、使い慣れてるアクリル塗料ならうまくいったかもしれないと思うと非常に悔しい思い。 ただやっぱり塗料の匂いの違いは中々大きく、今後もファレホとの付き合い方を模索する方向になりそうです。
塗装の影響なのか、ポージングセンスの限界か。 元のキット自体は割と稼働できたはずなのに中々かっこいい写真が撮れず別の意味で四苦八苦。 加えて制作中に角がぽっきり行ってしまい、接着剤でリカバリしたところが撮影段階でまた折れたりと、思っていた以上にデリケートな作品になってしまいましたw
最後の塗装でちょっとうまくいかず… しかもトップコートも雨で吹けずとちょっと消化不要な形に。 ただやりたいことは色々で来たので満足半分、不満半分な1体となりました。
  • サイトの埋め込み
白いブグもいかがでしょうか。

コメント2件

  1. Tulsa_Birbhum 7か月前

基本パチ組+墨入れ、最近塗装や工作に手を出し始めました。 へたくそながら日々精進です。

ジェスタ G型

エアブラシ塗装の8作目となりました。 ユニコーンガンダムの露払い、支援…

ディジェ イェーガー

エアブラシ塗装の7作目となりました。 ある基地への強襲任務向けに用意さ…

ガンダムMk-Ⅱ Plus

ガンダムマーカーエアブラシ塗装の5作目 兼令和2年最初の全塗装作品です…

RG 1/144 MS-06R-2 ジョ…

RG 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザクIIです…

  • 0
  • rating_star6
  • 1632

関連ガンプラ作品

HG TR-6 ウーンドウォート ハロウ…

今回はガンダムベース限定のクリアカラーのウーンドウォートを塗装で遊んで…

黒い三連星!!

オリジンの劇中に登場する 黒い三連星(MS-06R)を作成しました! …

  • 4
  • rating_star31
  • 160

ガンダムアストレイ レッドフレーム セカ…

ブルーフレームセカンドLをレッドフレームに塗装しました レッドフレーム…

ゴールデン・GM・ザ・ライトニング

HGジムにラッピングシールを貼り 疑似的に金メッキ仕上げっぽいものに挑…