1/35 ブルーティッシュモック(Brutish Mock)
  • 705
  • 3

1/35 ブルーティッシュモック(Brutish Mock)

☆新GUNSTAの過去作投稿となります。

☆モクムズシリーズ第9弾!(換装機体なので機体だけなら、7機目)

☆モクムズシリーズ(ボトムズキットとハイモックのミキシングシリーズ。MGにてモデラーさんが銘々してくれました)、9機目はブルーティッシュドッグにしました(1,2,3機目はスコープモックベースの換装機体なので、正確には7機目)。ガトリングキャノンの仕様変更のため、追加武器はないですが追加装備があります。

☆追加加工は以下の通り。
0)意匠変更:秘密結社機体なので、スコープモックよりもストライクのような、没個性ではない機体イメージに意匠を変更しました。ブルーティッシュ=凶暴な、の名前の通り、フィアナ搭乗機ですが、凶暴そうでマッチョなイメージに変えました。

1)上半身の移植:頭部を含めて、腕部を除く上半身を移植しました。
1-1)頭部:そのまま使いました。上半身も移植するので無改造でハッチに取り付けました。
1-2)腕部接続箇所&上半身のパーツ分割:ATキットの上半身胴体パーツが、横幅、縦幅いずれも少し短いので、側面の一部と内面の出っ張りを切り落とし、前部と後部を切り離し、前部を更に各面に切り離し、各パーツをハイモックの上半身に接着した後、変更した意匠に合わせて、プラバンと切り離しで余ったパーツを整形して接着し、隙間を埋めました。ハッチ周りはそのまま移植なのでハッチはそのまま開きます。
1-3)ハッチ:今回、上半身のハッチ周りはハッチの淵と背面の一体パーツをハイモックの高さに合わせて移植したので、ハッチはそのままの形で開閉します。ただ縦幅が短いままなので、ATにみられる“上部が全部開くハッチ”ではなくなりました。
1-4)コクピット:パーツは入りませんでした。ハイモックの胸部はATキットの頭部内壁との干渉もあるので、ハイモックの邪魔なパーツは切り取ってます。
1-5)バックパック:上半身をそのまましっかり埋め込むのでバックパックもちゃんと付きます。今回はここの右側にガトリングのベルトリンクの大型弾倉を取り付けるので、穴開けなど追加加工が少しあります。
1-6)ベルトリンクと大型弾倉:コトブキヤ製“M.S.G ウェポンユニット30 ベルトリンク”の、ベルトリンクと繋がった大型弾倉をバックパックに追加で取り付けました。ベルトリンクは右腕ガトリングクローにつながってます。

2)脚部形状の変更:マーシィモックから採用した“脚部移植”を今回も採用。ハイモックの脚部に、ブルーティッシュドッグの脚部をバッサリと大きくカットしたパーツを貼り付けて、プラバンで隙間埋めと整形をしました。
2-1)前面装甲:切り取り貼り付け
2-2)側面:バッサリと切った大きいパーツの一部としてそのまま再現。位置の都合で斜めに配置される
2-3)後部装甲:ATキットの脚部関節装甲を、かかと装甲に変更して、可動部を切り取って移植
2-4)足:足のパーツを、
・左側パーツ、右側パーツ(片方にターンピック&ローラーダッシュユニット)
・グライディングホイールユニット(左右支持部をつなぎ目で切り離し)
に分割しました。左右パーツの干渉する部分を切り取り、足裏を軸にして足に接着してまずは固定。後部グライディングホイールは切り離して余ったパーツを整形して軸にして接着固定。この3つの接着ユニットと足の隙間をプラバンで埋めました。
☆ストライクモックでいい感じだったので、今回も“フォーク状の足先(ヴァンツァーみたいな形)”で固定してアレンジしました。

3)肩:ATキットの肩パーツをそのまま前後ろで貼り付け、プラバンで整形してボリュームアップし、左右にコトブキヤのフック軸とATキットのフックを組み合わせたフックユニットを付けました。

4)側面前面アーマー:キットのパーツを貼り付け。

5)腰部後方アーマー:ストライクと同じビルダーズのアームパーツで接続し可動を再現

6)左腕:ATキットの左腕パーツをスコープモックの時と同様に切り離して、ハイモックの不使用パーツを加えてハイモックの左腕パーツに張り付けました。可動しませんが、アームパンチの意匠っぽい腕にしました。手はATキットを少し加工しました。

7)右腕部:上腕から下はATキットをそのまま移植。つなぎ目パーツは、ATキットの関節パーツに長方形の穴をあけ、ハイモックの関節軸パーツを繋げました。
7-1)6連装ガトリングガン:ATキットのままですが、今回、弾丸供給をカートリッジから“大型弾倉からベルトリンクで供給”に変更したので、側面に接続パーツを仕込んで、ベルトリンクを繋げました。
7-2)アイアンクロー:ATキットのままです

8)クリアーパーツ仕込み箇所
○ターレットレンズ(市販クリアーグリーン+ホイールシールへ接着)

塗料(Mr.COLORとガンダムカラー)
機体色(ピンク):No.3 レッド + No.11 ガルグレー + No.107 キャラクターホワイト + No.174 蛍光ピンク(基本、作例サイトに記載の調色レシピを、持っている色に追加で買って、近いレシピになるようにしました)
機体色(ブラウン(バイザーとバックパック)):No.7 ブラウン + No.33 つや消しブラック
機体色(濃いグレー):No.11 ガルグレー + No.33 つや消しブラック + ガンダムカラー“ブラック③”
機体色(薄いグレー):No.11 ガルグレー
機体色(さらに薄いグレー(脚部ローラーダッシュユニットとターンピック)):1200番グレーサーフェイサー
シルバー箇所(金属塗料):No.211 クロームシルバー+乾燥後布磨き
ターレットレンズ(中):No.47 クリアーレッド
ターレットレンズ(小):No.175 蛍光グリーン

ターレットレンズ(大):ビルダーズパーツMSサイトレンズ(グリーン)をホイールシールの余白に貼って切り取って仕込む

下地:1200番グレーサーフェイサー
トップコート:つや消しクリアースプレー

概要
☆ミキシングキットは、ハイモックをベースとして、パッケージで購入した“1/35スケール ブルーティッシュドッグ”、および、ガトリング弾倉ユニットとしてコトブキヤ製“M.S.G ウェポンユニット30 ベルトリンク”を使用。他は、ビルダーズ系キットを使用しました。
☆パッケージで購入したので、マーキングは貼付しましたが、うるさくならない程度にしました。

☆装備はキットのままです。
○ガトリングクロー:仕様変更。弾倉は追加装備の弾倉で弾丸はベルトリンクにより供給
○左手アームパンチ:展開しないがそれらしく
○ガトリングガン冷却パック:オリジナルデザインの“マガジン”を改造して、ガトリングガンを冷却する冷却パックに変更しました。
○ポリマーリンゲル液浄化装置(PRSPパック):少し改造して、オリジナルと同じくバックパックに装着してます。

<ネーミング>

☆今回は“モック”という部分を簡単に入れられたので、スコープモックの時同様に入れました。

Brutish Dog → Brutish Mock

Brutish=凶暴な

***

使用キット
1)HGBF ハイモック
2)1/35 ブルーティッシュドッグ
3)HGBC パワードアームズパワーダー、コトブキヤ製“M.S.G ウェポンユニット30 ベルトリンク”

右斜め後ろ
右斜め前
正面
ハッチオープン
アイアンクロー
降着ポーズ
左斜め後ろ
この作品完成時点でのモクムズシリーズ集合写真(現在はもっと増えてます)
  • サイトの埋め込み
新GUNSTAへの過去作再投稿です。ブルーティッシュモックです♪

コメント3件

  1. tayu 2年前
    • enarin 2年前
    • enarin 2年前

皆さんこんにちは♪ 作品のカテゴリーは”ガンプラ”、”ガンプラと他作品のミキシング”、”他”の3本となってます。 作品ジャンルは、”宇宙世紀”、”鉄血”、”エルガイム”、”ボトムズ”、他、となります。 ミキシングメインですが、どうぞ宜しく♪

1/35 グリモワールドッグ・ブルーティ…

・ハイモックと1/35ATキットから作った『ブルーティッシュモック』の…

HG IBHM 鉄血の重戦機『エルガイム…

☆“機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ”登場の各種フレームに、“重戦機…

1/35 グリモワールドッグ降下騎兵隊仕…

☆1/35ボトムズキットとグリモアレッドベレーのミキシングシリーズ“グ…

1/35 グリモワールドッグBTS(バト…

☆1/35ボトムズキットとグリモアレッドベレーのミキシングシリーズ“グ…

関連ガンプラ作品

ガンダムアストレイクリスタルフレームセカ…

初投稿です!好きな作品であるガンダムWのビルド機体であるウイングガンダ…

シャイニングガンダムリベイク

鉄血のオルフェンズの世界に、シャイニングガンダムが存在したらという設定…

  • 4
  • rating_star51
  • 400

ガンダムフェニーチェ リナーシタ

ビルドファイターズを一気見した記念に作りました!

  • 2
  • rating_star19
  • 288

鉄鬼弐式(アスタロト改)

鉄華団別動隊 零番隊 〝鉄鬼弐式〟てっきにしき という妄想です。

  • 2
  • rating_star26
  • 200