GUNDAM MARCHOSIAS-PECCATUM
  • 376
  • 1

GUNDAM MARCHOSIAS-PECCATUM

ASW-G-35・P ガンダムマルコシアス・ペカタム
マルコシアスそのものは、悪魔学における悪魔の1人。とあり、元は主天使であったことを鑑みて、『罪を着た主天使』として名付けました。
ペカタム(PECCATUM)はラテン語より、「罪人」という意味があります。

ガンプラには、マルコシアスをベースに、
バックパックに煌・ギラーガ、レギルス
ディテールパーツ等にアメイジングストライクフリーダムを使用しました。

フロントビュー V字アンテナ、胸元、膝先、足甲にアメイジングストライクフリーダムのパーツが散りばめられています
リアビュー バックパックに煌・ギラーガ、レギルスを使用しました。 また、腰下より煌・ギラーガのムチが覗いています。
サイドビュー ちょうど腕部に隠されてしまっていますが、腰のサイドアーマーにアメイジングストライクフリーダムのパーツが使われています。
フロントビュー(本体) マルコシアス本体に大きな工作はありませんが、肩の部分は特徴的に仕上げました。
リアビュー(本体) 後述致しますが、リアは2箇所3ミリ穴を設けました。
バックパック 本体、及びバックパックにそれぞれ穴を開け、バックパック側に3ミリ棒(ガンプラのランナー)を差し込み、接着。 本体と取り外しができるようにしました。
腰部、及びムチ ムチの持ち手を差し込む形になります。 既存の股間の穴とは別に、バックパック側の股間へ追加で穴を開けました。(画像・上の穴)
アピールカット① 上体及びバックパック主体で撮影しました。 鋭角が多く、メリハリがついているかと思います。
アピールカット② リアを下から見上げる形になります。 背面のキャノン砲の砲身や、ムチ先などをグラデーションにしています。
工作 ただ埋めただけですが、 肩の部分を強調させるため、肉埋めをしました。
以上となります。 カラーリングは、 本体 黒サフ→ネイビーブルー ピンクサフ→シャインレッド ピンクサフ→MSパーブル となっています。 閲覧ありがとうございました。
  • サイトの埋め込み
約半年ぶりの完成品です。

コメント1件

  1. GODAI 5か月前

GBWC2018で『AMX-015 ゲーマルク ver.IXI』で一次予選通過しました。 見立てミキシング修行の身です。 よろしくお願いします。

IXIさんがお薦めする作品0件

  • AMX-015 ゲーマルク ver.IXI

MG ブレイズザクファントム レイ・ザ・…

MGガナーザクウォーリアが発売されたので、1/100のレイ専用ブレイズ…

RE/100 ガンブラスター

元号が変わってから初めての作品になります。 RE/100ガンブラスター…

GAT-X252R ロートフォビドゥンガ…

フォビドゥンガンダムに武装を増しに増した凄くかっこいい、ロートフォビド…

GAT-01 ストライクダガー ver.…

見立てと切り貼りのミキシングで、HGCE風なストライクダガーを作成しま…

関連ガンプラ作品

ガンダムマルコシエル

初全塗装、初投稿ですのでお手柔らかにお願いします名前はバエルとマルコシ…

ASW-G-36ガンダムストラス

ASW-G-36ガンダムストラス 宇宙空間を漂っていたところを発見され…

ガンダムマルバス二号機ガンダムバルバス

以前投稿したガンダムマルバスの二号機です。マルバスの別名がバルバスと言…

エクスヴァルキランダー

積んであったのでいい加減作ろうと思い休み中に作りました‼️ +

  • 0
  • rating_star16
  • 224