G・ON
  • 1064
  • 2

G・ON

GN-X、ジ・O、GUNDAM GUSION。
1/35スケールぐらいのつもり。6.5mぐらいですかね。
ジオンじゃないよ?

G・ON アピールショット1
設定的なアレ ラーダ民会連邦系超重量級2.5世代機。 基本設計は古く既に時代遅れとなりつつあるが必要生産数が極めて少なく、それでいて一機の投入で戦局を変え得る戦術級WTとして改修、改設計を繰り返して使い続けられている。 現在最新規生産の機体は部材や操作系の第三世代化再設計が完全に完了しており 「見た目通り飛び跳ねまわったりは出来ない」点を除けば事実上の第三世代機となっている。 機体特性はその重量と装甲圧による兵装を必要としない直接打撃力と燃料気化弾頭の運用能力。 燃料気化弾によって広域の随伴部隊を殲滅する戦闘能力は国際条約によって対外戦争での使用を禁止されるほどの物。 しかし重く、ホバーユニットで移動し脚部は補助的役割として運用する機体特性は国土の70%を平地と氷原で占められるラーダ民会連邦では防衛の要として機能するが他地域での汎用性があるとは言い難く、たとえ対外戦争に投入されたとしてもその使用は極めて限定的だと考えられている。 胸と股下と背中の頭の蛍光ピンクは光学式アクティブ防御ユニット。キュイっと動いてレーザーで迎撃。 緑は光学系センサー。 股間前部の出っ張りは全体的にセンサーユニット。
G・ON アピールショット2
頭はジンクスの頭のアゴ周りをカット。後ろを30MMポルタノヴァのマスクを刻んだもので延長。 胸はジ・Oをベースに腹の接続部を上下に反転、バックパック部分を大幅に縮小して仕立てました。 背中上部にリーオーNPDの頭部を使用したセンサーユニットを装着。自動迎撃装置をイメージ。勝手に動く感じ。 腰回りはガンダムグシオンをベースに。 サイドスカート接続部はカット。後ろのスカート裏にゾゴックの上腕を使用した連結型バッテリーパックをイメージした物を仕込んでいます。 足は太腿付け根をケンプファーの肩関節の切り欠きをパテで埋めてサイドスカートの接続軸を追加。 サイドスカートはガンダムグシオンの物を上下反転にして不要部分をカットして調整した物。 ガンダムグシオンの太腿切り欠きを埋める形で延長し、脛のディテールを埋めたりジャンクパーツで調整。 足首は鉄血オプションセットのグレイズ地上用足とジンクスの足首前半部を組み合わせて製作しました。 腕はほぼジンクスⅢ.ディテールアップと肩にそもーくディスチャージャーをイメージしたものを追加。 バズーカを持つ手首の角度を調整委しています。
G・ON アピールショット3
塗装はサフからフレーム色のガルグレーまでエアブラシで塗装し、 その後メイン色のブルーグレイをファレホで筆塗り、塗料の劣化や剝れ、汚しをファレホやガンダムマーカー、油絵具等で描き込んでいきました。 各センサーやレーザー素子をイメージした赤にはきっと付属のクリアパーツ以外穴無しの0.5~0.8mmビーズを使用。 右背中の数字マーキングはアシタのデカールを使用。全然跡が残らなくて良い物でした。
G・ON アピールショット4
武装はスタークジェガンのバズーカをベースに単発式の後装式をイメージ。 末尾のレバーを捻って後退、再度のカバー部を開いて装填するイメージです。 背中に背負った弾倉はシャーペン芯ケースを素材にしました。 蓋を開くと中に弾入り。
G・ON アピールショット5
G・ON アピールショット6
G・ON アピールショット7
G・ON アピールショット8
回転
G・ON アピールショット9
初稿
G・ON アピールショット10
背中はガッツリカットして埋めたので大変だった
G・ON アピールショット11
足回りも割とパテまみれ
G・ON アピールショット12
弾倉
G・ON アピールショット13
尻のタンク。ゾゴックの腕です
G・ON アピールショット14
後頭部の延長処理
G・ON アピールショット15
脚の両サイド出っ張りは吸気、後ろは冷却系。
G・ON アピールショット16
ボリュームは凄いけど身長的には普通のHGぐらいです
  • サイトの埋め込み
GN-X、ジ・O、GUNDAM GUSION。G・ON。 1/35スケールぐらいのつもり。6.5mぐらいですかね。

コメント2件

  1. Tulsa_Birbhum 7か月前

2021年最新作

関連ガンプラ作品

  • rating_star1
  • rating_star8
  • rating_star16
2021年最新作