インパルスガンダムルージュ

インパルスガンダムルージュ

自作創作『ガンダムビルドダイバーズ外伝 TF Re:RISE編』のもう一人の主人公のELダイバー、大空レイジのガンプラ。相棒のジローと同じく、HGCEインパルスガンダムがベースになっている。

インパルスガンダムルージュ アピールショット1
GPデュエルが主だった頃、愛機の破損に備えてジローが作っておいた予備機。その名前の通り、ストライクルージュのコンセプトを引き継いでおり、「インパルスガンダムの予備パーツから作られた」という設定を持つ。もちろん、「配色の違いは、VPS装甲の電位差」という設定である。HGCEインパルスガンダムを始めとする、様々な余剰パーツを用いている。
インパルスガンダムルージュ アピールショット2
“リンクシルエットシステム” インパルスガンダムブルーエンジェルス同様、合体機構はフォース"AVALON"のエミリアとカルナのガンプラに対するリスペクト仕様であり、簡略化されている。戦闘中でも、必要に応じて僚機とスワップすることで、必要に応じて武装を変えることもできる。
インパルスガンダムルージュ アピールショット3
チェストコアスプレンダー ジローのガンプラと同じく、本機もディメンション内部を移動・探索する際には、上半身がコアスプレンダーに姿を変えている。『ガンダムAGE』のヴェイガンが使用していたステルス装置"見えざる傘"を参考にしたように思えるが、某SFドラマにちなんで、ジローは"カメレオン装置"と呼んでいる。
インパルスガンダムルージュ アピールショット4
レッグフライヤー 下半身を構成する、自律型の飛行ユニット。チェストコアスプレンダー側からドッキングフォーメーションを指示することで、対応した連携機動を行う。 サイドアーマーはインパルスガンダムランシエの模造品だが、内蔵されていたミサイルポッドは「元々がモールドしか再現されてない」と言うジローによってオミットされ、センサーシステムに置き換えられた。もちろん、レイジからはひどく反感を買った。
インパルスガンダムルージュ アピールショット5
シルエットドローン 本機専用の無人探査機で、敵情の偵察なども行う。自動・有人による遠隔操作のどちらも可能。また、本来の機能も残されているため、各種シルエットを牽引することもできる。 見た目にはジローのそれと同じだが、若干センサー類が「多めに」搭載されているらしく、情報収集力の能力が高いらしい。
インパルスガンダムルージュ アピールショット6
ビームバズーカ 本機の主武装。ジローの武装と同じく、HGBCギャイースターウェポンズを改造・本機専用に調整しており、ビームだけでなく、様々な弾頭を使い分けることができる。ジローの武装に比べればエネルギー消費は少ないが、後衛機として長期戦が可能なように、本機の腰部には、予備のプロペラントタンクが備え付けられている。
インパルスガンダムルージュ アピールショット7
MMI-GAU25A 20mmCIWS ベース機と同じく胸部に搭載された20mmバルカン砲。ミサイルの迎撃などの防御や牽制に用いられる。射界が限定される弱点は変わっていないが、レイジにはそんなことは関係ないらしく、ところかまわず打ちまくっている。 腰部センサーポッド サイドアーマーは、ペイントカスタマイズによって高度なセンサーポッドに改造されている。
インパルスガンダムルージュ アピールショット8
MMI-RG59V 機動防盾 ベースとなったインパルスガンダムの武装を流用した盾。開閉機構は基本的にオミットされているが、展開状態も再現は不可能ではない。ただし、出撃の際にはどちらか一方の状態を選ぶ必要がある。
インパルスガンダムルージュ アピールショット9
大空レイジ 本作のレイジは、ネコの容姿を持つELダイバー。赤毛のショートヘアーとジャージ姿から一見すると男に見えるが、実は負けん気が強い女の子。わざわざ「レイ」というダイバー名を名乗っている。クールで無感情なジローに対して血気盛んな節があり、日頃から衝突が絶えないが、誰よりもジローの身を案じている。ただし、多くのELダイバーのように現実に転送されることは希望せず、ジローの私生活からは一線を画してGBN内部で暮らしている。
インパルスガンダムルージュ アピールショット10
基本的にはHGBDインパルスガンダムランシエがベースですが、今回はHGBF忍パルスガンダムのパーツが加わっています。ちなみに、C2-11番と12番のパーツは、アルクとランシエのパーツを入れ替えています。そのまま使うと、胴体と肩の色に同化して目立たないからです。
インパルスガンダムルージュ アピールショット11
基本武装は、HGBCギャイースターウエポンのビームバズーカです。ブルーエンジェルスと違い、当初はMA-BAR72高エネルギーライフルを基本武装にする予定でしたが、サイドアーマーに干渉して装備できない事態が発生。急遽残っていたこちらの武装を使うことにしました。武器の配色は、やはり悩む!!
インパルスガンダムルージュ アピールショット12
一時期、ガンダムの台座にもなると話題になった某雑誌の付録のトレス台、私はメインカメラを塗るときに透過と塗り残しのチェックに使っています。正直、この部分の塗装は毎度の難所です。
インパルスガンダムルージュ アピールショット13
無地だからこその自由な塗装ができるわけですが…これはこれで大変です(苦笑)
インパルスガンダムルージュ アピールショット14
キャノピーは当初、エンジェルスと配色は変える予定でした。 ちなみにこれは、乾燥する手前にうっかり触ってしまった図です(苦笑)
インパルスガンダムルージュ アピールショット15
胴体だけしか完成してなくても、やっぱり並べてみたくなる(笑)
インパルスガンダムルージュ アピールショット16
並べてみると、エ〇ァンゲ〇オン初号機と二号機に見えてきました(時期が時期だけに)。
  • サイトの埋め込み
「こだわり投稿」への設定変更につき、再投稿しました。 よろしくお願いいたします。

コメント0件

部分塗装と無加工による#純正改造で制作をしています。

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star15