オボロアルケーガンダム
  • 456
  • 0

オボロアルケーガンダム

地球連邦軍が保有する試験用MS。

元々はイノベイド勢力によって建造され、外宇宙航行母艦ソレスタルビーイング号に秘匿されていたMSである。ELS戦役の後、地球連邦軍が行った探査にて発見され、ハンガーに残存していた全機が接収された。

更に時代が下り、ついに地球連邦がオリジナルのGNドライヴの技術を解明してまもない時期。接収された中の1機が、同調したGNドライヴのトランザムに伴う未知の現象-すなわちトランザムバーストを検証するためのテストベッドとして転用された。当機が用いられたのは、トランザムバーストの発動にソレスタルビーイングの機体のシステムや、何らかのブラックボックスが関与する可能性が考慮されたためである。

搭載する3基のGNドライヴのうち、脚部の2基がオリジナル版へ換装されている。胴体の1基は安定性を重視し、当時の連邦軍が運用する疑似太陽炉へ更新された。またあくまで軍用機としての性格から、軽装ながら武装も搭載されている。

連邦軍は試行錯誤の末、ELSと融合したハイブリッドイノベイターを当機に搭乗させることで、ついにトランザムバーストの発動に成功。量子テレポートをはじめとする様々な現象を再現・検証し、のちのワークローダー”サキブレ”の開発の礎の一つとなった。

なお当検証を主導したのは、旧ユニオン技術陣の流れを汲む研究チームである。そのためか当機の装備や意匠には、かつて同チームが手掛けた試作実験機との共通点が認められる。また当機のペットネームは、同チームの主任研究者が量子テレポートに成功した当機を「朧のように消え失せた」と形容したことが由来である。

……という設定の、バトル用ガンプラ。コンセプトは「迎撃不可能な格闘機」。ガンダムのバトルゲームを開発したある会社が、過去に手掛けたアーケードゲームキャラクターをモチーフとしている。

・GNブレード

GN粒子を纏わせ、切断力を高めた実体剣。西暦世界の近接兵装としては平凡なものである。しかし原型となった機体は巨大な実体剣を片手で振り回す膂力を備えており、武器が軽量化されたことによって凄まじいパワー・スピードでの斬撃が可能となった。

刀身を勢いよく振り抜くことで、纏わせたGN粒子を衝撃波のように放つこともできる。ただし射程は短く、連発もできない。

・GNマスケット

球状に圧縮されたGN粒子弾を射出する、試作型の砲撃兵装。スサノオやブレイヴに搭載された「トライパニッシャー」を携行化したような性質の武器である。

連射性能では通常のビームライフルに劣る一方、粒子弾が一定距離で炸裂するため、直撃せずとも一定のダメージが見込める。また銃身の先端部をパージしてショートバレル化することで、射程と引き換えに近距離での取り回しを向上させることもできる。

近接戦闘を得意とする当機に合わせ、銃身下部にバヨネットがマウントされている。総じて、近距離戦に持ち込むまでの牽制としては効果的に機能する。

・エグナーファング

原型機に搭載されていたファングを改修した、有線式の誘導兵器。射撃能力は持たない。

ファングと機体を接続するワイヤーがエグナーウィップとなっており、絡め取った敵機のパイロットを高圧電流で直接攻撃したり、かすった敵機を電磁波で一時的に機能停止させることができる。

・GNディフェンスロッド

かつてユニオンフラッグなどに搭載されていたものと同様の防御兵装。GNフィールドを展開する機能が追加された。必要十分の防御力を備えながらも、軽量であるため格闘戦の妨げとならない。

・無人偵察機

脱出用コアファイターのレーダー機能を強化し、無人偵察機へと改修している。巨大な尾翼にはレーダーアレイとしての機能が盛り込まれており、原型機とは異なり接続したまま飛行する。また本体と合体しての運用は考慮されておらず、戦闘開始まではマニピュレーターで携行される(グリップが追加されている)。武装は搭載していない。

戦闘開始直後に安全な位置から射出され、囮となりながら索敵を行う。敵の位置を特定し次第、本体が敵機の背後へ量子テレポートを敢行、格闘攻撃を叩き込む戦法が想定されている。


試し塗り。この時点でカッコ良くなることを確信した。

メインカラーはC40ジャーマングレー、フレームはフレームメタリック2。GNドライヴはスターブライトシルバーを裏に塗り、蛍光クリアーを調色してキャンディ風に塗装しています。


メイン装備の刀にはMSGの日本刀を採用。ある博物館の展示で刀を観たのがきっかけで制作に踏み切りました。本物には及びもしませんが……。

刀身をC8シルバーとフレームメタリック2、鐔と頭をトパーズゴールド、それらと別パーツのハバキはスーパーゴールド……と塗り分けにこだわりました。鞘はブラックで光沢仕上げです。

余談ですが、博物館で刀剣を観て制作を決めたのは2020年の2月。キットが再販されて届いたのは5月、完成したのが7月という時系列になります。某ラ○アートみたいなノリではないです。

  • サイトの埋め込み

コメント0件

一角の召喚士(ユニコーン・サマナー)

某ファンタジーMMORPGのジョブ「召喚士」を、一本角つながりでユニコ…

関連ガンプラ作品

GNW-23000 オントグロッサム

GNW-23000 機体名 オントグロッサム 西暦2314年ELS防衛…

ヴァレニエユニット セラヴィーリベイクヴ…

ヴァレニエユニット セラフィムが離脱したセラヴィーを安定して運用するた…

HGガブスレイ

HGガブスレイです。 口を小さく、モノアイはH-EYES、アンテナの形…

ヴィートルーガンダム・フォートレス

ヴィートルーガンダムとAGE-3フォートレスのミキシング作品です。ヴィ…

  • 0
  • rating_star33
  • 456