ガンダムTR-6[フライルーⅡ]
  • 1992
  • 1

ガンダムTR-6[フライルーⅡ]

HG ガンダムTR-6[フライルーⅡ]を製作しました。

ウーンドウォートにウインチキャノン、アドバンスドヘイズルの脚部、自作の強化パーツを取り付けています。

強化パーツはA.O.Z Re-bootの設定画と当時のラフをもとにモデリングし、3Dプリンターで出力しました。

設定画は斜め前からのアングルが殆どだったこともあり各パーツがウーンドウォートとどのように接続されているか不明瞭で、見た目や強度などの整合性をとるのに大変苦労しました。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット1

MS形態(射撃モード)

アドバンスドヘイズルの脚部は脹脛で2mm幅詰め、4mm延長して細長く見えるようにしました。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット2

ドラムフレームからブーストポッドと背中の拡張装備用ラッチにつながるアームは設定画に書き込まれていませんでしたので想像でデザインしました。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット3

バストアップ

頭部はヘッドギアとアンテナ、耳あて部分を新造。少年顔のウーンドウォートから大きく印象が変わりました。

サイコブレードアンテナは最近キット化されたものと比較してかなりシャープな仕上がりになったと思います。

蛇腹アームはコトブキヤのジョイントに自作のカバーパーツを取り付けており、ある程度自由に動かせます。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット4

ウェポンカーゴと拡張装備用ラッチ

カーゴは特に重いのでなるべく中空になるように設計しました。

また拡張装備用ラッチの下部にスタンド穴を設けて安定してディスプレイできるようにしています。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット5

ウイングブースターはコンポジットシールドブースターに固定しました。

蛇腹アームとの接続部も自作しており、クローモード時にブレードを差し込めるようになっています。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット6

ウインチキャノンは射撃ポジションまで可動します。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット7

両腕のコンポジットシールドブースターをクローモードに変形させて格闘モードへ


ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット8

MS形態(格闘モード)

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット9

MA形態(射撃モード)

元キットの変形用ダミーパーツはデザイン上使用できないのでプリムローズⅡをベースに腕と頭、ウインチキャノンが取り付けられるように改造しました。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット10

サイコブレードアンテナとヘッドギアは背中の拡張装備用ラッチに接続されている設定なのでMA形態時には頭部と分離できるようにしています。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット11

MA形態(格闘モード)

設定画でよく見る形態。

コンポジットシールドブースターの砲口は目立つので自作パーツに置き換えて見栄えを良くしています。

また、クローアームは一本一本可動するのである程度微妙な表情付けが可能です。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット12
ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット13

脚部とウインチキャノンを外した亜種形態

漫画にこんな感じの機体が出ていたような気がします。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ] アピールショット14

おまけのサイズ比較

単体では華奢なウーンドウォートも強化パーツを装備すると威圧感がありますね

  • サイトの埋め込み
強化パーツを3Dプリンターで自作しました。

コメント1件

  1. テツ少佐 2か月前

2021年最新作

関連ガンプラ作品

  • rating_star20
2021年最新作