HGUC 1/144 ガンダムMk-V
  • 9408
  • 9

HGUC 1/144 ガンダムMk-V

幾人ものモデラーがチャレンジしている、ガンダムMk-Vに僕も挑戦してみました。
多くのパーツを3D-CAD設計と3Dプリンター出力という手法をとってみました。ベースは同じくHGUCのドーベンウルフ、シルヴァバレトから。
ガンダムMk-Vは、初めてインコムを搭載した機体なので、インコム射出状態も再現。
ガンダムMk-Vの特徴であるカノンモードやシールドブースターも同様にオリジナリティを入れて再現しました。
ビームサーベルはLED内蔵でちょっと面白いです。
設定と大きく異なるのは、腹部にメガランチャーを内蔵したデザインにすることで、お腹の線が複雑になりノッペリ感を軽減しています。
3Dプリンターを導入するとき、こういったモデルを作れるようになるぞという目標は一応達成できました。
他にもいろいろ計画してるので、また設計してみたいですね。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット1

初期設定画に近いスタイリングと、今風のスタイリッシュなプロポーションを同居させました。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット2

バックパックはキットを反転してうまく活用。カノンモードにも変形可能です。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット3

可動はドーベンウルフやシルヴァバレト同等、でしょうか。肩内部が一部違うので、開きは全開にできないです。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット4

がンダムMk-Vはインコム初搭載のMSですので、その射出状態は写真にしたかったのです。有線があるのかないのか解らない感じには撮れました。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット9

カノンモードに。
バックパックはそのままに、カノンのみわきの下に滑りこませることができます。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット10

ビームライフルは「速射」版というのを採用してみました。

HGUC 1/144 ガンダムMk-V アピールショット11

シールドブースターはちゃんと背面にマウント可能です。
足の裏もオリジナルなディティールで再現。まぁここは3DCADさまさまです。

  • サイトの埋め込み
フリーの3DCADでもかなり作れますよ。

コメント9件

  1. Zoo 1か月前
    • FogWorld 1か月前
  2. Tulsa_Birbhum 1か月前
  3. Quinn 1か月前
  4. OKUTAKE 1か月前

息抜きで作ったり、突然がっちり作ったり。まちまちに楽しんでします。

FogWorldさんがお薦めする作品0件

関連ガンプラ作品

  • rating_star15
2021年最新作