2021年最新作
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4
  • 696
  • 0

ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4

型式番号GND-ATX-001/NG+4、略称はドライヴァーNG4。機動性と近接戦闘に特化した「スラッシュリパルス」を改修した「ノクスグラディウス」、それに4門の砲塔を追加した機体。具体的にはドライヴ部にGNソードIIスーパー、腰部にクスィフィアス3改を搭載している。これにより汎用性が大幅に改善したほか、斬撃戦能力も今までと同様高い水準でまとまっているためより完成度が高くなった。

ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット1
ビームサーベルはエクシアRIIのGNビームサーベルとシュペールラケルタを装備。GNビームサーベルは背面ドライヴ接続アームに懸架されている。シュペールは非使用時に発振器を前方に向けるためその場合は対空兵装として使われる。 主武装は今までと同様GNソードV、ライフルモード時のバレルの回転をオミットすることでライフル、ソード時問わず斬撃できるのも変更なし。
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット2
特殊装備としては両足先端に設けられたビームサーベル発振器が挙げられ、蹴りによる斬撃ができる。長さを自在に調節できるため極近接戦闘時の奇襲とすることもある。
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット3
GNソードIIスーパーは基本的に射角制限がなく、死角に対応しやすい。特に3次元戦闘において下方から接近する敵機への迎撃に有効である。ソードとしての機能も残されているため刃先のワイヤー射出のほか普通に切り結ぶことも可能である。太陽炉と直結しているためチャージ時間が短く強力な砲撃を叩き込みやすい。腰部クスィフィアス3改はベースに弾種変更機能とGNビームキャノンとしての能力を付与した物である。ただ本体の変更はバレルの強化くらいのもので、ほとんどベースと差がない。弾種は2種を選択でき、徹甲弾と炸裂弾の組み合わせがよく用いられる。プラズマ弾含め合計で4種の"弾"を撃てるため幅広い装甲にダメージを与えられ、本機の汎用性の確保に一役買っている。また後部ユニットはスラスターとしても用いられる。
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット4
特殊機能 SPALLOW:AGE-1スパロー及びGバウンサー、AGE-2ノーマルに搭載されたものと同一の機能。機体表面に特殊な層を形成し、自在に斥力・引力を操作することでスラスター位置に依存せず姿勢制御や戦闘機動が行える。発生器がバインダー部に集約されているためそこが破壊されると使用出来なくなる。 TRANS-AM:言わずもがな、太陽炉搭載機特有の赤くて数倍速いモード。本機はツインドライヴを採用しているためダブルオークアンタにその性能を準ずる。SPALLOWとの併用で機体の俊敏性を大幅に向上させるが、その際は扱いがより難しくなる。 スターシステム:粒子を制御し、自機の能力を数段上に引き上げるシステム。脚部側面に制御装置が搭載されている。上記二ついずれかと併用してそれぞれの機能を拡大させることができるが粒子消費量が大きくなる。 フルバーストフェイズ:上記3つを同時展開した状態。ツインドライヴ機なのにも関わらずシングル機のトランザムと同程度の時間しか展開できないほど粒子消費が激しい。その代わり、2つのシステムを同時展開した上でスターシステムを用いることで凄まじいスピードの割に扱いにくさと暴走の危険性が緩和されている。
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット5
アンテナはバーニングののものの下部分にダイバーエースの中心部を削って接着しました。
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット9
+4にする前。この状態が「ノクスグラディウス」
ガンダムドライヴァー・ノクスグラディウス+4 アピールショット10
トランザムブースターの4つのトゲの根本部分の加工直後。これをファレホで塗装したものが足先のビームサーベル発振器です。
  • サイトの埋め込み
今回は初めてファレホ、トップコートを使いました。どの要素を見ても今までで一番の出来になったと思います。

コメント0件

00系、特にエクシアとクアンタが好きです 順調に積みプラが増えてる今日この頃。 技術はかなり拙いですがこれから上達を期して努力します…!

  • rating_star26
  • rating_star13
  • rating_star20
  • rating_star27

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star19
2021年最新作
2021年最新作