GUNSTA

コピーできました!

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.)

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.)

1/144ホワイトベースカタパルトデッキをアニメカラーで塗装しました。MSはリアルタイプ塗装とし、各所にWBクルーを配置しています。天井に電飾を施し、アニメのカタパルトデッキの雰囲気が出るよう工夫しました。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット1

作品の全景写真です。本来、MSハンガーは3台ですが、ガンダム用とガンキャノン用の2台のみ設置しました。ハンガー、MS、高所作業車、フィギュア等、全て両面テープで固定しているため、ディスプレイを自由に変えて楽しむことができます。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット2

先頭のガンダムの正面には、部品取り用という設定で、別機体のボディの上半分を設置。また、アムロ、フラウ、ハロ、連邦軍士官等のフィギュアを置き、MSの巨大感の演出を試みました。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット3

2番目のガンキャノンの前には、荷物、機材、プチモビを置き、ゴチャゴチャさせてます。スレッガー、セイラ、カイ、少年兵のフィギュアを置いてます。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット4

一番奥のガンタンクの前には、高所作業車と整備クルーを置いています。また、キャットウォークには、ブライト、ミライ、ジョブジョン、連邦士官のフィギュアを会話しているように置いてみました。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット5

後部壁面には、ガンダムとガンキャノンが携行する武器類を取り付けました。武器・弾薬は、収納されているのが妥当ですが、壁面の密度感を上げたいと考え、分かりやすく見える所に設置してみました。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット6

RGガンダムをフルハッチオープンにしたものを設置してみました。整備中の雰囲気が出ていると思います。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット7

3体とも1/144で、ガンダムはG30thを使用。ガンキャノンはコクピットハッチが開閉可能。ガンダンクは砲塔部分を初期型から移植し、頭部コクピットを作り込んでいます。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット8

フィギュア、高所作業車、武装類等を配置する前の外観です。とにかく巨大です。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット9

天井に設置した12灯(2灯×6カ所)の発光ダイオードの電池ボックスは、壁面裏にマジックテープで固定しています。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット10

キットのキャットウォークの手すりは、太く頑丈にできており頼もしいのですが、1/144ではオーバースケールのため、「鋼魂」の薄い金属製のものに置き換えて精密感をアップさせました。壁面の塗装は、劇場版「めぐりあい宇宙」を見て、アニメのイメージを尊重し、ブルー系をグラデーション塗装しています。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット11

ガンキャノンは腹部にRGガンダムのコア・ファイターを内蔵させています。コクピットハッチはネオジム磁石で開閉状態を選択でき、各部に仕込んだ磁石により、写真のような状態でディスプレイすることも可能です。頭部とボディはリバイブ版ですが、腕部と脚部はオリジン版から流用しました。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット12

高所作業車は、Nゲージのフォークリフトを土台とし、プラ材とジャンクパーツで支柱等を自作しました。プチモビはHGカスタマイズキャンペーンの部品から。ドラケンはジムスナⅡ付属品を流用。荷物はNゲージ等を使用しています。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット13

1/144フィギュアも雰囲気がでるように塗装しました。特にWBクルーは、一見して誰だか分かるよう心掛けました。整備クルーは必ず作業服とヘルメットを着用し、士官やパイロット等と差別化を図っています。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット14

ガンタンクの頭部コクピットは目立つところなので、内部をプラ材やエッチングパーツ等でデコレートし、ビルダーズパーツのフィギュアをハヤトに見立てて着座させています。カラーリングは、リアルタイプの画稿が見つからなかったので、ガンダムとガンキャノンを参考に配色しました。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット15

MSハンガーは裏面が空洞だったので、プラバンで裏打ちしています。可動ギミックが仕込まれており、劇中同様、傾かせることができる優れものです。シリンダも可動に合わせて伸縮します。

ホワイトベースカタパルトデッキ(アニメカラーver.) アピールショット16

基本塗装、デカールワーク、フィルタリング等を終えた状態です。パネルラインに合わせて、所々塗り分けたり、色味を変えたりと、単調にならないように気を付けました。

  • サイトの埋め込み

コメント6件

  1. 粕谷 克己 4週間前
    • あやぽん 4週間前
  2. 火星大王参號 4週間前
    • あやぽん 4週間前
  3. Tulsa_Birbhum 2か月前
    • あやぽん 2か月前

主に1/144ガンプラとマシーネンクリーガーをマイペースで製作。第23回全日本オラザク選手権一次審査通過。ガンダムベース福岡主催「渾身の作品を~(2019.11.30~2020.3.31)」及び「~GBNにDIVEせよ!(2020.7.1~11.1)」入選。

新着ガンプラ作品

  • rating_star11
  • rating_star9
  • rating_star21