• 456
  • 0

MSN-06S シナンジュ

HGのユニコーン2体組んだら、こっちも組むよねと言う流れで製作しました。
ストレート組立ての全塗装+ガンダムデカール仕上げ。MG・Ver.ka準拠のガンダムデーカールをひたすら貼り込んで仕上げました。
機体のメインカラーであるレッドはMr.カラーの「シナンジュ・レッド」にて塗装。鬼仕様のエングレービングのゴールドはガイアカラーの「スターブライトブラス」を使用しました。
スミ入れ・汚しは一切せず、先に仕上げたユニコーン2体同様の仕上げに留めました。

プロペラントタンクのダボアナは合いが悪く、繋ぎ目に大きな段差が出来たので、有償請求でパーツを取り寄せ作り直し。タンクのアポジモーターはエナメルでの筆塗りとしました。

プロペラントタンクのダボアナは合いが悪く、繋ぎ目に大きな段差が出来たので、有償請求でパーツを取り寄せ作り直し。タンクのアポジモーターはエナメルでの筆塗りとしました。

ガンダムデカールは、MGの縮小版らしくキット側に貼り付け位置・デカールのナンバリングの指示は無い。そこで、有償でMGの組立て説明書を取り寄せ、1/144用のデカールを拡大コピーした用紙を用意して不明部分を特定。さらに、キットの形状も異なる為デカールの方が長いラインも有り、そこは端をカットして調整しまた。(何気に地獄)

ガンダムデカールは、MGの縮小版らしくキット側に貼り付け位置・デカールのナンバリングの指示は無い。
そこで、有償でMGの組立て説明書を取り寄せ、1/144用のデカールを拡大コピーした用紙を用意して不明部分を特定。
さらに、キットの形状も異なる為デカールの方が長いラインも有り、そこは端をカットして調整しまた。
(何気に地獄)

シナンジュは、複合曲面の美しい外観ですが、その曲面に追従させて水転写デカールを貼るのにも苦労しました。こいつの前に作ったHGのユニコーン2体よりも、こっちの方がデカール貼りのスキルは上がりましたね。

シナンジュは、複合曲面の美しい外観ですが、その曲面に追従させて水転写デカールを貼るのにも苦労しました。
こいつの前に作ったHGのユニコーン2体よりも、こっちの方がデカール貼りのスキルは上がりましたね。

「鬼仕様」のエングレービング。一度、ツヤ有りのラッカー黒を吹いてやり、数度に分けたマスキングでエッジ部をラッカーのブラスで塗装。胸部のエンブレムも大きめにマスキングしてラッカーのブラスを吹き、エナメルのツヤ有り黒を筆塗りした上ではみ出た部分を拭き取って仕上げました。

「鬼仕様」のエングレービング。一度、ツヤ有りのラッカー黒を吹いてやり、数度に分けたマスキングでエッジ部をラッカーのブラスで塗装。
胸部のエンブレムも大きめにマスキングしてラッカーのブラスを吹き、エナメルのツヤ有り黒を筆塗りした上ではみ出た部分を拭き取って仕上げました。

シールドのエングレービング等も、胸部同様の手順で仕上げました。

シールドのエングレービング等も、胸部同様の手順で仕上げました。

一番厄介だったのは、黄色いスラスターの「奥」だけを黒く塗り分ける方法。思い付いたのは「塗る」ではなく「貼る」。塗装した「黒」の水転写デカールなどを試しましたがイマイチ。結局、ハセガワの「ツールフィニッシュ・つや消し黒」を短冊状に切り出し慎重に位置決めしてから長さを合わせる為に、重なるように2枚を貼り込みました。

一番厄介だったのは、黄色いスラスターの「奥」だけを黒く塗り分ける方法。
思い付いたのは「塗る」ではなく「貼る」。塗装した「黒」の水転写デカールなどを試しましたがイマイチ。
結局、ハセガワの「ツールフィニッシュ・つや消し黒」を短冊状に切り出し慎重に位置決めしてから長さを合わせる為に、重なるように2枚を貼り込みました。

MSN-06S シナンジュ

コメント

8
RX-0 ユニコーン・ガンダム

RX-0 ユニコーン・ガンダム

先ずは「デストロイ・モード」。全塗装を前提に、キットの素性を…

17
FX-550 スカイグラスパー +ランチャー/ソードパック

FX-550 スカイグラスパー…

ストライクガンダム本体に続き、RGの初期キットである「スカイ…

7
GAT-X105 ストライクガンダム AQM/E-X01 エールストライク

GAT-X105 ストライクガ…

RGの初期キットでもある「エールストライクガンダム」の素組み…

12
HG NZ-666 クシャトリヤ/評価試験仕様

HG NZ-666 クシャトリ…

ロールアウト直後から、ガランシェール隊へ配備されるまでの評価…