• 1712
  • 0

RX-0 ユニコーン・ガンダム

先ずは「デストロイ・モード」。
全塗装を前提に、キットの素性を確認する為に発売当初に組んだものです。素組みにて、部分塗装>スミ入れ>テトロンシール貼り>トップコートにて仕上げています。
写真を上げる段階で、左肩・左胸部の「変身」が不完全なのに気が付きました・・・。

キットとしては、「足が長い」・「ショルダーブロックのサイコフレーム露出部に足りないスキマができる」という欠点がありますね。

キットとしては、「足が長い」・「ショルダーブロックのサイコフレーム露出部に足りないスキマができる」という欠点がありますね。

シールドを装備。伸張やサイコフレームの展開など、MGと同等の機能が搭載されておりとても優秀です。

シールドを装備。
伸張やサイコフレームの展開など、MGと同等の機能が搭載されておりとても優秀です。

背面も「変身」によりスラスター・ノズルの数が増えるのがいいですね。

背面も「変身」によりスラスター・ノズルの数が増えるのがいいですね。

続いて「ユニコーン・モード」。左肩の「ショルダー・アーマー」がキッチリ閉じていないのは、パーツを組んだ時に「斜め」に刺さってしまったからの様です。このパーツは、一度組むと破損覚悟で無いとパーツが外れないので、次に組む時は要注意ですね。

続いて「ユニコーン・モード」。
左肩の「ショルダー・アーマー」がキッチリ閉じていないのは、パーツを組んだ時に「斜め」に刺さってしまったからの様です。
このパーツは、一度組むと破損覚悟で無いとパーツが外れないので、次に組む時は要注意ですね。

キットでは、色も複数色の成型色で作られていますが、自分的にはちょっと情報量が多くてうるさく感じます。自分のイメージとしては「象牙で作られた白亜のMS」なので、全塗装で作る時は単色で仕上げるかもですね。

キットでは、色も複数色の成型色で作られていますが、自分的にはちょっと情報量が多くてうるさく感じます。
自分のイメージとしては「象牙で作られた白亜のMS」なので、全塗装で作る時は単色で仕上げるかもですね。

テトロンシールは、片刃のノミである「モデリングチゼル」にて余白を落としています。

テトロンシールは、片刃のノミである「モデリングチゼル」にて余白を落としています。

シールドを装備。「ビーム・マグナム」・「ハイパー・バズーカ」は、弾倉を全塗装に持っていくので、組立てていません。

シールドを装備。
「ビーム・マグナム」・「ハイパー・バズーカ」は、弾倉を全塗装に持っていくので、組立てていません。

RX-0 ユニコーン・ガンダム

コメント

17
FX-550 スカイグラスパー +ランチャー/ソードパック

FX-550 スカイグラスパー…

ストライクガンダム本体に続き、RGの初期キットである「スカイ…

7
GAT-X105 ストライクガンダム AQM/E-X01 エールストライク

GAT-X105 ストライクガ…

RGの初期キットでもある「エールストライクガンダム」の素組み…

12
HG NZ-666 クシャトリヤ/評価試験仕様

HG NZ-666 クシャトリ…

ロールアウト直後から、ガランシェール隊へ配備されるまでの評価…

7
MSN-06S シナンジュ

MSN-06S シナンジュ

HGのユニコーン2体組んだら、こっちも組むよねと言う流れで製…