GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ZGMF-56S/b ブルーインパルスガンダム

ZGMF-56S/b ブルーインパルスガンダム

本機はオーブ侵攻時にムラサメ相手に自軍の空戦型MSグフが思わぬ苦戦を強いられた事で可変機の強さを再確認したザフト技術班がインパルスガンダムをベースに開発した量産型可変モビルスーツの試作機である。量産にあたりフェイズシフト装甲はオミットされたが基本構造が傑作機インパルスのそれであるため従来の空戦型可変機のバビを遥かに超える性能を発揮した。最終的には数十機が生産され、オーブとプラントの共同戦線において皮肉にも仮想敵であるムラサメと肩を並べて実戦に投入されたという

量産のためのコストカットと空戦性能強化の結果、ベース機であるインパルスに採用されていたシルエットシステムはオミットされ、代わりに大気圏での活動に特化した簡易バックパックと増槽タンクを装備している。

ブルーインパルスガンダム空間戦闘タイプ
通称「O(軌道)装備」この装備での武装は大型ビームキャノン「ティンダロス」と腰部ビーム砲二門である。

O装備における戦闘機形態。基本的には敵の迎撃機や敵艦の対空砲火を回避してティンダロスで敵艦に攻撃を仕掛けるといったイージスガンダムとどこか似通った突撃、強襲戦法を得意とする。

ブルーインパルスガンダム大気圏戦闘タイプ、通称「G(重力下)装備」主武装は空力防盾と対艦ランスとO装備同様に腰のビーム砲。作戦内容によってはビームライフルも装備する。

G装備の戦闘機形態。空力防盾を機首とする事で大気圏内における機動性や航続時間の向上が見られる反面、射撃戦においては腰のビーム砲に頼らざるを得ないため対空対の撃ち合いでは仮想敵であるムラサメに一歩届かないのではないかと言う意見も見られる。

#ダイバーズコン に滑り込み投稿。これ撮ってる最中にアンテナ折れた...

コメント1件

  1. H.Makoto 6か月前